TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

修了要件等

修了要件等

比較芸術学専攻の修了要件や履修についてご紹介いたします。

博士前期課程

修了要件

学生は標準2年以上在学し、下表に示す所定の単位を修得したうえ、修士学位申請論文または特定の課題についての研究の成果を提出してその審査および最終試験に合格しなければならない。修了方法(修士学位申請論文または特定の課題についての研究の成果)は、研究指導教員と協議のうえ1年次の終わりまでに決定することとする。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を挙げた者については、1年以上在学すれば足りるものとする。

修了要件単位数
授業科目 単位
基礎科目 6単位以上 「比較芸術学研究法Ⅰ」2単位以上、「比較芸術学研究法Ⅱ」2単位以上、「比較人文学研究法Ⅰ」「比較人文学研究法Ⅱ」のうち1科目2単位以上を修得するものとする。
専門科目 講義・演習を含めて24単位以上 研究指導教員および当該授業科目担当者の許可を得た文学研究科の他専攻および他研究科の授業科目は、10単位以内に限り修了要件単位として認める。
研究指導 8単位以上 2年以内に修了する場合は在学期間に応じた研究指導の単位を修得するものとする。
(合計) 38単位以上
修了者に授与される学位

修士(比較芸術学)

博士後期課程

修了要件

博士後期課程入学者は研究指導教員を定め、その指導のもとに研究主題を選び、下表(修了要件単位数)に示す所定の単位・研究指導の修得、外国語の認定に合格しなければならない。

修了要件単位数
2012~2017年度入学者 2018年度以降入学者
研究指導演習:12単位以上 専門科目: 比較芸術学研究法A 2単位以上
比較芸術学研究法B 2単位以上
比較人文学研究法Aまたは比較人文学研究法B 2単位以上
研究指導演習:12単位以上
合計12単位以上 合計18単位以上
外国語:2外国語

なお、博士後期課程の修業年限は標準3年(学則第10条)と定められているが、上記の条件を満たせば在学期間3年以内でも修了することが可能である。その場合、研究指導演習については、在学期間に応じた単位数を修得すればよいものとする。

修了者に授与される学位

博士(比較芸術学)