メインコンテンツへ

学びの特色とカリキュラム

学びの特色

無機化学・有機化学・物理化学・分析化学・生命科学の5つの基幹分野を幅広く、そして深く探求していきます。

1年次 2年次 3年次 4年次

学科科目

数学・共通科目

(選択必修・選択)

専門実験

必修

輪講・卒業研究

必修

選択必修Ⅰ

選択必修

選択必修Ⅱ

選択必修

化学・生命科学科で学べること

5つの基幹分野とその応用・発展科目を配し、幅広い分野を効率的にカバーするカリキュラムを組んでいます。

5つの基幹分野である物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、生命科学の学習を講義と実験との連携を通して進めていきます。修得した知識や技術、手法が、情報・環境・資源・生命といった現代が直面する課題の解決に役立つように、有機的な学習の推進を図っています。

物理化学

物理化学の3本柱である熱力学、量子力学、統計力学を基礎として、急速な進歩を遂げている現代化学の理解に必要な化学平衡論、分子構造論、化学反応論について学びます。

無機化学

物質科学の視点から、無機物質について学びます。その構造や基礎理論から最新の研究成果まで、また、他分野化学との接点なども学んでいきます。

有機化学

有機化学の基本概念をはじめ、代表的な有機化合物の反応や合成について、基礎から最新の研究成果まで学びます。さらに、有機合成化学や高分子化学についても学びます。

分析化学

あらゆる物質を分析するためのさまざまな技術や方法を学んでいきます。物理化学の法則を基盤とした実験によって、その技術を身につけていきます。

生命科学

生体物質や代謝産物の構造、性質、生合成過程、生体内化学反応とその調節機構などを学んでいきます。2004年度からは、遺伝情報とその発現調節、バイオテクノロジー、最新の構造生物学などを拡充し、充実した科目配置となります。

現代社会や産業との関わりを実感できる最先端分野の科目も充実しています。

工業化学を理解するために、有機合成化学・高分子化学・材料化学などの講義と、第一線での研究開発に携わる学外の講師による特別講義も用意されています。また、バイオテクノロジーや遺伝子治療、再生医学といった最先端バイオ技術は、社会的、倫理的にも多くの問題をはらんでいます。その内容を理解したうえで、いかに利用していくのかについての判断力を持った社会人を育てるのも化学・生命科学科の目的の一つです。

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
数学 ・ 共通科目 講義 選択必修 物理学Ⅰ・Ⅱ
化学Ⅰ・Ⅱ
解析学ⅠA・ⅠB
線形代数ⅠA・ⅠB
化学Ⅲ
解析学Ⅱ
線形代数Ⅱ・Ⅲ
物理数学Ⅱ
複素解析Ⅰ
微分方程式Ⅰ
物理数学Ⅰ
選択 図形科学
一般機械工学
現代物理学概論
サイバネティクス
一般電気工学
一般経営工学
実験・
演習
必修 物理基礎実験Ⅰ・Ⅱ
化学基礎実験
電気計測実験
ものづくり実習
情報処理実習
選択必修 数学演習A・B 物理数学演習Ⅰ・Ⅱ
製図
解析学Ⅱ演習
微分方程式Ⅰ演習
複素解析Ⅰ演習
専門実験 必修 無機化学実験
物質分析化学実験
物理化学実験
有機化学実験
生命科学実験Ⅰ
輪講 ・ 卒業研究 必修 化学・生命科学輪講Ⅰ 化学・生命科学輪講Ⅱ・Ⅲ
卒業研究Ⅰ・Ⅱ
選択必修 Ⅰ 選択必修 分析化学
無機化学A
有機化学A
生命科学A
物理化学A・B・C
無機化学B・C
有機化学B・C
生体分析化学
生命科学B・C
量子化学Ⅰ・Ⅱ
レーザー光化学
無機化学D
電気化学
有機化学D
生体有機化学
有機合成化学
生命科学D・E
選択科目 Ⅱ 選択必修 数理化学
無機材料化学
溶液化学
基礎物理学
基礎化学
生命情報と生体分子
生体膜
化学情報処理実習
応用確率統計
錯体化学
高分子化学
立体化学
化学工学通論
分子構造解析法
現代化学の最前線
生命科学の最前線
分子遺伝学と遺伝子資源の応用
バイオインフォマティクス
代謝と調節
生物物理
バイオテクノロジー
ケミカルバイオロジー
生命科学実験Ⅱ
インターンシップ
医薬品科学

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院