メインコンテンツへ

学生意識調査(学部のみ)

本学では2010年度より、全学的に学生意識調査を行っています。
各学部や各部門がカリキュラムや学生支援のあるべき姿を検討するにあたり、教職員が共通認識を持ち、よりFD活動を深めていくきっかけにしています。
この調査は学生に対しては進路・就職適性検査としての役目も果たしており、3年次では学生へのフィードバックに際し、教務課(相模原キャンパスは学務課)及び進路・就職センター(相模原キャンパスは進路・就職課)との連携を図っています。

学生意識調査実施フロー

1年次生(4月実施)

新入生の現状把握

新入生の現状(学習実態、本学への期待、授業へのニーズ、志望度、進路意識など)を把握し、例年との変化を確認するとともに、今後のカリキュラム、学生支援などに求められる施策を検討するきっかけにします。また同時に、全国との比較を通して本学の特徴を把握し、教育改善活動に活かします。

2年次生(4月実施)

学生の満足度・成長感把握

1年次の教育が学生にどのような成長感や満足感を与えたかを検証し、学生のニーズをとらえ直します。
また同時に、全国との比較を通して本学の特徴を把握し、教育改善活動に活かします。

3年次生(4月実施) ~ キャリア・アプローチ

学生の満足度・成長感把握、就職への動機づけ(対学生)

1、2年次の教育が学生にどのような成長感や満足感を与えたかを検証すると同時に、学生に対しては就職活動への動機づけをします。また同時に、全国データとの比較を通して本学の特徴を把握し、教育改善活動に活かします。

4年次生(3月実施) ~ 卒業生調査

学生が身につけた力・モチベーションの変化の把握、満足度・成長感把握

4年間を本学で過ごした学生がどのように勉学・活動に取り組み、その結果何を身につけ、どのような進路選択をしたかを把握します。モチベーションの変化を捉え、どのタイミングにどのような施策が求められるかを検討する基礎データとします。また同時に、満足度(カリキュラム・施設など)や成長感を把握し、今後の新入生や在学生に対する教育改善活動に活かします。

学生個人へのフィードバック(1年次・2年次・3年次)

受検者全員に対して「個人結果報告書」を返却しています。また返却に合わせてフォローアップ講座を開催し、学生自身の大学生活の目標設定や就業意識の向上をサポートしています。

学生意識調査報告

学生意識調査を実施した結果をご紹介します。

FAQ大学案内についてよくあるご質問を掲載しております。

大学案内