メインコンテンツへ

教育研究上の目的・アドミッションポリシー

教育研究上の目的

法学研究科は、本学法学部における教育の基盤のうえに、専門的な学術研究能力の養成を行うとともに、キリスト教信仰に基づく人間形成をはかることを基本理念として設置されたものである。本研究科では、狭義の研究者の養成だけにとどまらず、専門的な法律知識とバランスある判断力を身につけ社会の諸分野で指導的役割を担いうる人材(専門的職業人)の育成にも積極的に取り組むことを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

法学研究科は、教育研究上の目的を踏まえ、求める入学生像を以下のように定める。

法学研究科は、研究教育を通して、本学の理念である『キリスト教理念に基づき、真理を追究し、すべての人と社会に対するヒューマニティあふれる責任を果たすことのできる』人材となる意思と能力がある者に、入学許可を与える。



学部・大学院