メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学院会計プロフェッション研究科会計プロフェッション専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

会計プロフェッション研究科では、キリスト教理念に基づく教育の実現を理念に掲げ、高度な職業倫理性と専門的能力、国際人としての資質を充分に備えた会計プロフェッションを養成する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

会計プロフェッション研究科の教育理念を具現化する学生は、以下のとおりである。

  1. 会計プロフェッショナルの職業倫理や各種の会計マインドを真摯に学ぼうとする姿勢をもっていること。
  2. 広い会計専門職領域から学ぼうとする特定の目標が明確であること。
  3. 入学時点までのバックグラウンドとして会計に関する基礎的素養をもっていること。
  4. 簿記・会計学に関する基礎的な勉学をしてきていること。
  5. 経済・企業社会等の情勢を常に把握するよう努力していること。
  6. 会計の理論のみでなく、実務についても関心があり、状況を常に把握するよう努力していること。
  7. 卒業後の進路について、一定の具体的な方向性を明確に心にもっていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

専門職学位課程

カリキュラム体系

広義の会計専門職を養成するために必要な科目系列として、財務会計系、管理会計系、監査系、企業法系、租税法系、経営系、演習、研究指導(修士論文)、その他を設定し、これに対応して、基本的な科目、発展的な科目、実践的な科目を約100科目を配置している。

特色

青山学院の伝統教育の理念を明らかにしたうえで、「会計専門職の養成」に向けた学院の教育理念に直結する「倫理教育の徹底」と「国際人の養成」を2本の柱とした「健全な会計マインドを備えたプロフェッション」の養成を目的とし、以下のような特色ある教育課程を編成している。

  1. 国際会計士連盟(IFAC)の職業会計士教育国際基準に合致する教育プログラム
  2. 公認会計士試験制度(短答式一部免除)に合致したカリキュラム内容と教育の質を保持
  3. 求められる職業倫理を修得し、企業倫理・コーポレートガバナンスの考え方を教育
  4. 国際的感覚を備えた専門職業人を教育するために英語及び国際会計基準の教育
  5. 少人数制の演習、論文作成指導及びディベート、コミュニケーションの資質を向上させる教育
  6. 理論と実務の融合を可能にする実務家教員を多数配置
  7. OB・OGで組織する青学会計人クラブメンバーを中心とする監査法人、公認会計士事務所及び税理士事務所でのエクスターンシップ授業を配置

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

専門職学位課程

会計プロフェッション専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「会計修士(専門職)」を授与する。

  1. 会計プロフェッショナルとしての職業倫理と各種の会計マインドの識別について身に付いていること。
  2. 会計の理論的考え方と実務的な応用力が備わっていること。
  3. 監査の理論的考え方と実務的な状況に対応して一定の判断ができること。
  4. 会計プロフェッショナルの実務に必要な科目の理論的考え方と実務的応用能力が備わっていること。
  5. 会計プロフェッショナルの実務に係わる国際的な基準や考え方に対する一定の理解力をもっていること。


学部・大学院