メインコンテンツへ

社会情報学研究科

独自性の高い学問を展開する2コースを設置。より多くの方々へ門戸を開いた学びの場。

社会情報学研究科では、独自性の高い「社会情報学コース」と「ヒューマンイノベーションコース」の2コースを設置しています。
また、文理融合型の学びが展開される「社会情報学」は、高い学際性を持った学問であるため、入学者は社会情報学部の卒業生に限定されません。既存の他学部、他大学の卒業生、さらには社会人の方々にも広く門戸を開放することになります。特に「組織学」的な学びを展開するヒューマンイノベーションコースは、教育機関、公益・非営利団体、企業法人などで既に職を持つ“職業人”が、主な対象となります。

社会情報学研究科 基本情報

研究科長

稲積 宏誠
社会情報学研究科長あいさつ

教員

教員紹介 (2016年4月1日現在)

社会情報学専攻 社会情報学コース 就学キャンパス

相模原キャンパス

社会情報学専攻 ヒューマンイノベーションコース 就学キャンパス

青山キャンパス

社会情報学研究科サイト

社会情報学研究科サイトのイメージ

社会情報学研究科サイトでは、社会情報学研究科の特徴や、各コースの詳細情報、「修士論文・博士論文の題目」 「教員からのメッセージ」「教員紹介」などを掲載しております。

ヒューマンイノベーションコースサイト

社会情報学研究科 専攻一覧

社会情報学専攻

社会情報学専攻では、社会科学と情報科学の融合とそれにより従来の文系、理系の枠に捉われない極めて多様な視覚から現代社会の問題をえぐり、その問題解決を自らが図れる高度な人材養成をめざします。



学部・大学院