メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

国際経済学科の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

  1. 国際経済学科では、2年次進級時に「国際経済政策コース」と「国際ビジネスコース」のどちらかを選択することができます。
  2. 英語(第一外国語)のオーラル・コミュニケーション科目は、入学時に行うITP(TOEFLの学内試験)の結果により、レベルに合わせた3つのSTREAMに分かれて授業を行っています。
  3. 外国語の選択必修は、英語科目および第二外国語科目で充足します。
  4. 本学部の学科科目は、学科科目A群、B群およびC群から成り、カリキュラムは所属する学科および2年次以降に所属するコースによって異なります。学科科目には「必修科目(A群の一部)」「選択必修科目」が有り、所属する学科・コースによって、指定されている科目のなかから指定単位数を修得することが卒業するために必要な条件として課せられます。また、「青山スタンダード科目」「選択必修科目」に必要な単位を越えて修得した科目の単位は全て「自由選択科目」となります。
  5. 以下の「履修モデル」は、各コースの主アプローチのものを掲載いたします。(アプローチは各自の勉学意志・将来の進路により、様々なバリエーションが考えられます。)
  1. 国際経済政策コース(国際貿易・国際金融に焦点を置くモデル)
  2. 国際ビジネスコース(企業マネジメント(会計・ファイナンス・マーケティング・組織)に焦点を置くモデル)

主要科目の特長

国際経済政策コース

科目名 特長
社会科学のための統計学入門Ⅰ 統計学は経済学やビジネスなどの社会科学分野ばかりでなく、心理学や自然科学の分野でも研究を進めていくうえで欠かすことのできない分析ツールの一つである。また、統計学自体は数学的な素養がないと理解できないというものではない。この科目でぜひ統計学的なものの見方、考え方を学ぶ。
国際貿易 自由な貿易について世間一般では、国際競争力を高めないと自由貿易はすべきでない、あるいは賃金の安い国と貿易をすると自国の労働者に悪影響を及ぼす、などのイメージがあるようである。しかし経済学的な観点からみた貿易はけっしてそのようなものではない。この科目では正しい貿易の仕組みを学ぶ。
国際金融 国際金融の分野には、国際収支の黒字や赤字、為替レートの急激な変動、また国際通貨体制のあり方など、世界経済を考える上で欠かせない問題がいくつもある。こうした問題の本質を理解するために、経済学の理論から考察していくのがこの科目である。

国際ビジネスコース

科目名 特長
社会科学のための統計学入門Ⅰ 統計学は経済学やビジネスなどの社会科学分野ばかりでなく、心理学や自然科学の分野でも研究を進めていくうえで欠かすことのできない分析ツールの一つである。また、統計学自体は数学的な素養がないと理解できないというものではない。この科目でぜひ統計学的なものの見方、考え方を学ぶ。
国際ビジネス入門 国際ビジネスとは、国境を越えて異なった言語・文化・経済制度のもとで事業活動を遂行することである。この科目では、現在のようなグローバル化時代の国際ビジネスを本格的に学ぶ前提として、国際競争、総合商社論を含む国際マーケティング、海外直接投資に関する基礎知識を学ぶ。
ビジネス・エコノミクス 企業の価格戦略や企業間の契約について、経済学の観点から考察する科目である。実際に観察される事例をもとに、企業はなぜ、またどのように行動するのかを説明する。また授業の後半ではゲストを呼び、実際のビジネスの現場でどのような価格戦略や契約がなされているかを話してもらう。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院