メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院総合文化政策学研究科総合文化政策学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

総合文化政策学専攻では、文化や芸術の創造全般に係わる先進的な研究・開発能力を有する研究者・大学教員・当該分野における高度な専門的指導者の養成を目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

総合文化政策学専攻は、大学、研究機関あるいは官庁、国際機関、企業等各分野における政策立案部門、企画部門における高度な研究・教育に従事し、その発展に指導的な役割を果たす潜在能力と意欲とを持つ入学者を求める。このため、以下のような能力と意欲を持つ入学者を求める。

  1. 人文、芸術、政策科学、マネジメント等、関連学問領域の専門知識に精通している者。
  2. 総合文化政策学専攻で修得したものを、学問領域の高度化、人類の未来と国際社会の発展に役立てる意欲がある者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

一貫制博士課程

カリキュラム体系

研究者として自立し研究活動を行い人文、社会科学を統合するために必要な方法論に関わる基礎科目群と、政策マネジメント、文化総合分野、人文学各分野の専門科目群の2層構造で専門科目が構成されている。

特色

博士学位申請論文の作成過程で研究上のアドバイスをおこなうことにより、深い専門知識に精通し、独創的研究をおこなう能力を涵養することによって、研究者及び高度な専門人を養成することを目指している。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

一貫制博士課程

総合文化政策学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(総合文化政策学)又は(学術)」を授与する。

  1. 人文学、芸術学および政策マネジメントの分野において、高度な学術的専門知識に精通し、独創的な研究をおこなう能力を身につけている。
  2. 専門分野における研究者、高度な専門人としての創造性ならびに政策提案能力を身につけている。


学部・大学院