メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学文学部英米文学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

英米文学科は、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、グローバル文学・文化、英語学、コミュニケーション、英語教育学の6分野の専門的及び学際的研究を通して、英語圏の社会・文化・思想に関する認識を深め、人間性を探求することを理念とする。また英語という言語と英語圏の文化の研究に立脚しながら、国際的な視野を持って社会に貢献できる個性的で創造性豊かな人材の育成を目標とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

英米文学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 生活や文化、価値観、考え方の違う世界の人びととの共生を通じて社会に貢献する意欲を持った学生。
  2. みずからの明確な個性を持つ、あるいは持ちたいと願う学生。
  3. みずからと異なった人びとを理解したいと願う学生。
  4. 英語圏の文学・語学・文化に興味、関心、好奇心を持ち、かつこれらを追求するのに必要な英語力を備えた学生。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

英米文学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目、それに英語科目で構成される。特に専門教育科目と英語科目に関するカリキュラム体系と特色は次の通りである。

カリキュラム体系

英米文学科の履修科目を「英語科目」「専門科目」の2つに分類し、前者によって英語の実際的運用能力、後者によって英語圏の文学・語学・文化についての専門的知識を修得しつつ英語運用能力を社会的に活用する力を獲得できるよう、カリキュラムを構成している。また、「英語科目」と「専門科目」を連結し総合するために、1・2年次からの専門科目群を適切に配置している。

特色

「英語科目」は、Integrated Englishを核とする多彩な授業配置によって総合的に英語の実際的運用能力向上をはかっている。「専門科目」では、「イギリス文学・文化」、「アメリカ文学・文化」「グローバル文学・文化」「英語学」「コミュニケーション」「英語教育学」の6コース制により、専門的知識を一層深化させることが可能となっている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

英米文学科は、以下を身につけ、卒業に必要な単位数を修得するなどの要件を満たす学生に対し、「学士(文学)」を授与する。

  1. 英語圏の文学・語学・文化についての専門的知識。
  2. 英語の実際的運用能力。
  3. これらの知識と能力を社会的に活用する力。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院