メインコンテンツへ

総合文化政策学研究科

総合文化政策学は、文化や芸術の創造行為を、その構想から社会への還元までの一連の活動を全体として捉え、人文科学と社会科学とを総合することによって「創造の現場」を知の対象領域とするとともに、その応用領域としては、文化に係わるさまざまな問題の発見と解決、文化や芸術の創造のための構想、政策やプロジェクトの立案と具体化の実際を系統的に明らかにするものです。総合文化政策学研究科は、その総合文化政策学分野において、研究者として自立して研究活動を行い、あるいは総合文化政策学と関係する学術分野において高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養います。

総合文化政策学研究科 基本情報

研究科長

堀内 正博
総合文化政策学研究科長あいさつ

教員

教員紹介 (2016年4月1日現在)

就学キャンパス

青山キャンパス

総合文化政策学研究科サイト

総合文化政策学研究科サイトのイメージ

総合文化政策学研究科サイトでは、総合文化政策学研究科の科目一覧などを掲載しております。

青山コミュニティラボサイト

総合文化政策学研究科 専攻一覧

文化創造マネジメント専攻

文化や芸術の創造並びにその事業化、企業・団体における文化的視点からの政策立案及び再構築、あるいは文化産業のプロデュースやマネジメント等の分野で高度な専門性を発揮する人材を養成します。

総合文化政策学専攻

文化や芸術の創造全般に係わる先進的な研究・開発能力を有する研究者・大学教員・当該分野における高度な専門的指導者を養成します。

総合文化政策学研究科 沿革

2008年4月 総合文化政策学研究科(総合文化政策学専攻)設置
2009年4月 文化創造マネジメント専攻を設置


学部・大学院