メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院国際政治経済学研究科国際コミュニケーション専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

国際コミュニケーション専攻では、国際的な諸事象の解明に必要な言語・文化・コミュニケーションについての理論と応用力を身につけさせることを目標とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

国際コミュニケーション専攻は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求め、国内外から受け入れる。

修士課程

  1. 国際的学術動向を捉えるに足る外国語能力(留学生については日本語能力)。
  2. 文章・論文を書くことができる論理的思考能力。
  3. 本専攻で提供しうる知識体系(言語学、文化論、コミュニケーション学)と学生の求めるものの整合性。

博士後期課程

  1. 国際的学術動向を捉えるに足る外国語能力。
  2. 文章・論文を書くことができる論理的思考能力。
  3. 本専攻で提供しうる知識体系(言語学、文化論、コミュニケーション学)と学生の求めるものの整合性。
  4. 高度な専門的知識、独創性および洞察力を持つ者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

修士課程

カリキュラム体系

国際コミュニケーション専攻のカリキュラムは、

  1. 言語、文化、コミュニケーションについての理論的基礎の修得
  2. 学術的論文を作成する能力(修士論文)や、高度専門的かつ実践的な研究(課題研究)を行う能力の育成
  3. 社会調査を的確に行う知識と技術(専門社会調査士資格取得も可能)

を目ざす。

特色
  1. 国際コミュニケーションコースを設け、言語、地域文化・比較文化、コミュニケーションの3分野からなる。
  2. カリキュラムが他専攻と繋がっているので、研究テーマをミクロ・マクロの両方の視点から有機的に学ぶことができる。
  3. 理論研究、実証研究の両方が充実し、特に、研究法関連のコースは多岐にわたっている。
  4. 研究課題の立案や文章表現のコースなど、論文執筆に関わるサポートが充実している。

博士後期課程

博士後期課程では、国際コミュニケーションの実践面よりは、理論面に重点が置かれる。したがって、言語学、地域文化、比較文化論、コミュニケーション学の各分野における修士課程での研究を踏まえて、さらにそれぞれの領域を掘り下げていくことになり、指導教員、および関連分野教員の指導を受けながら、高度の専門的な研究を行う。また博士学位申請論文の作成過程で研究上のアドバイスを行うことで、深い専門知識に精通し、独創的研究を行う能力を向上させる。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

修士課程

国際コミュニケーション専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(国際コミュニケーション)」を授与する。

  1. 論文作成の手続きや方法論の基礎を修得した上で、仮説検証型の研究もしくは仮説構築型の研究の成果が十分提示されている修士論文を執筆した者。
  2. 授業で学んだ内容を、自身が職場などで体得した経験と結びつけて、独創的で実践的な研究成果が提示されている課題研究を行った者。

博士後期課程

国際コミュニケーション専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(国際コミュニケーション)」を授与する。

  1. 必要な研究指導を受けた上で、当該テーマにおいて厳密な方法論にのっとり、独創的かつ深遠な理論を展開することで学術的な貢献をした者。
  2. 修了までにレフリーつき学術雑誌等に論文を数本掲載した実績をもつことが望ましい。


学部・大学院