メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院社会情報学研究科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

社会情報学研究科は、社会科学と情報科学の融合と、それにより従来の文系、理系の枠に捉われない極めて多角的な視点から現代社会の問題点をえぐり、その問題解決を自らが図れる高度な人材養成を目的とする。
このような能力は、現代の輻輳した社会において、ファイナンス関連、経済や地域政策関連、情報システム関連等、あらゆる分野で地の塩、世の光となり活躍しようとする人々にとって必要不可欠なものである。
この目的を達成するために、博士前期課程には社会情報学コースとヒューマンイノベーションコースを置く。
社会情報学コースでは、経営・経済概念の精深な理解、社会活動、経済活動の優れた分析(データ分析や社会調査等)能力、人や社会を考える上で必要となる心理や教育に関する基盤の修得、数量的なものに限らず質的な情報の処理能力、数理的な基盤、情報を高度に利用するための基盤や、情報システム構築のための幅広い素養を身につけた人材養成を目的とする。
ヒューマンイノベーションコースでは、とりわけ社会ニーズの高い、教育機関における学習環境デザイナ及びプロデューサ、公益・非営利団体におけるコミュニティデザイナ及びプロデューサ、企業法人における革新組織デザイナ及びプロデューサの養成を目的とし、そのために真の実践力を生みだす「学習学」を教育の根幹に据え、それをベースにして、構想学、知性創発学、組織イノベーション論を融合した教育を実現する。
博士後期課程は、社会情報学分野において、研究者として自立して研究活動を行い、あるいは社会情報学と関係する学際分野において高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を身につけた人材養成を教育研究上の目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

社会情報学研究科は、青山学院大学としてのアドミッション・ポリシーを前提とし、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 現代社会を取り巻く諸問題について、その問題の所在を正確に理解し、複数の専門分野の視点からとらえなおすことができること。
  2. 現実の問題に目を向けたときに、そこに様々な要素・要因、特に「人間、社会、情報」の関わりに注目し、特定の専門分野からだけではなく、多面的な取り組みの重要性を理解することができること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

社会情報学研究科博士前期課程の教育課程は、以下のように構成される。

カリキュラム体系

本研究科は社会情報学コースとヒューマンイノベーションコースの2つのコースから成り、以下の科目で構成される。
基礎科目では、グローバル化の進む現代社会における「社会、人間、情報」の織り成す問題解決に取り組める人材を養成すべく、英語に加えて、この3つの要素の基盤となる科目を配置する。
専門科目群では、本研究科が推奨する履修モデルを実現するための中核となる科目群を配置し、その人材養成の目的を達成できるよう展開する。
特殊科目では、現代社会が抱える諸問題を直視し、問題解決に取り組むためのインターンシップ特別授業を展開する。
研究指導科目では、特別研究は修士論文を、特定課題研究は特定の課題についての研究の成果を作成するために研究指導を行うものとして配置する。

特色

カリキュラム体系は共通であるが、コースごとに以下の特色をもつ。

博士後期課程

社会情報学研究科博士後期課程では、前期課程をさらに発展させ、既存の学問領域のみでは解決できない新たな価値の創造を目指した取り組みを行う。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

社会情報学研究科は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(学術)」を授与する。

  1. 数理的素養、論理的思考、コミュニケーション能力および情報の活用、特にヒューマンイノベーションコースにおいては「学び」と「組織」の理論と方法について、十分な知識・技能を身につけていること。
  2. 現代社会を取り巻く「人間、社会、情報」が複雑に絡み合った問題について、その要素となる一つ以上の専門領域について、十分理解できること。
  3. 現代社会を取り巻く「人間、社会、情報」が複雑に絡み合った問題について、そのいずれかの対象領域を理解するための知識、問題解決に向けての知識・技能を十分身につけていること。
  4. 修士論文および特定の課題についての研究成果の作成について、その取り組みが1、2の要件を満足し、その内容が正確性、了解性を満足していること。

博士後期課程

社会情報学研究科は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(学術)」を授与する。

  1. 数理的素養、論理的思考、コミュニケーション能力および情報の活用、あるいは「学び」と「組織」の理論と方法について、高度に専門的な知識・技能を身につけていること。
  2. 現代社会を取り巻く「人間、社会、情報」が複雑に絡み合った問題について、その要素となる専門領域の高度な知識、そのいずれかの対象領域を理解するための高度な知識、問題解決に向けての高度な知識・技能を十分身につけていること。
  3. 博士論文について、その取り組みが1、2の要件を十分満足し、その内容が社会的に評価され、新規性、正確性、了解性を十分満足していること。


学部・大学院