メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院文学研究科フランス文学・語学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

フランス文学・語学専攻では、文学を通した人間探求を謳う学科理念に拠りつつ、人文学の高い教養を身につけ、強固な批判的精神を培い、もって堅実な社会人として文化の進展に寄与する人物を養成することを目的とする。博士前期課程では、フランス語・フランス文学についての幅広い技能・学識を修得して優れた研究能力を養い、博士後期課程では、専門分野に新たな知見を加えてその進展に寄与し、精深な学識を教授して社会に貢献しうる人材を養成する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

フランス文学・語学専攻は、その教育研究上の目的を踏まえ、以下のような能力・意欲を持った入学生を求める。

  1. フランス文学・語学の研究の前提となる基本的な知識および研究遂行能力(フランス語の運用能力を含む)を備えていること。
  2. 専門分野における知見を広め、研究に打ち込む強固な意欲と具体的展望を持っていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

博士前期課程の授業科目は基礎科目、専門科目、および研究指導演習から構成される。基礎科目は、大学院での学習・研究に不可欠な基本的知識・技能の修得を目標にした授業であり、基礎科目と文学・言語学の幅広い領野を網羅した専門科目の組み合わせにより、学部教育と大学院教育との円滑な接続が図られている。また、指導教員による研究指導は「研究指導演習」としてカリキュラム上に明示されている。

特色

学生による履修科目の主体的な選択を促すため、専門科目については履修年次を設けていない。授業科目としての「研究指導演習」では、半期毎の成績評価を通じて、研究指導および学習の効果を段階的に示すことを目指している。また、博士前期課程では、研究指導教員との協議を踏まえ、各自の研究成果および進路に応じて修了方法を選択することが可能である(「修士論文」または「特定の課題についての研究の成果」を提出)。

博士後期課程

カリキュラム体系

博士後期課程は博士学位申請論文の執筆を目的とした課程である。本専攻では、授業科目としての「研究指導演習」により、博士後期課程の研究指導が単位化されている。

特色

博士学位申請論文の提出にいたる過程は明文化されており、研究指導教員を中心とした「博士論文指導委員会」が論文執筆の指導にあたることで、公正かつ効率的な指導を行う体制がとられている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

フランス文学・語学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(文学)」を授与する。

  1. 『青山学院大学大学院学則』に定める「専門分野に関する幅広い技能・学識」の習得。
  2. 当該領域における専門的な研究能力の修得。

博士後期課程

フランス文学・語学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(文学)」を授与する。

  1. 『青山学院大学大学院学則』に定める「専門分野の進展に寄与しうる新たな知見と精深な学識」の修得。
  2. 当該領域において研究・教育職を担うに足る専門的力量の修得。


学部・大学院