TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院文学研究科フランス文学・語学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

フランス文学・語学専攻では、文学を通した人間探求を謳う学科理念に拠りつつ、人文学の高い教養を身につけ、強固な批判的精神を培い、もって堅実な社会人として文化の進展に寄与する人物を養成することを目的とする。博士前期課程では、フランス語・フランス文学についての幅広い技能・学識を修得して優れた研究能力を養い、博士後期課程では、専門分野に新たな知見を加えてその進展に寄与し、精深な学識を教授して社会に貢献しうる人材を養成する。

博士前期課程 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

    ■知識・技能
    ・人文学の幅広い教養、とりわけフランス語圏の言語や文学に関する専門的な知識を有している。
    ・フランス語圏の言語や文学の研究を進めるのに必要な学術的手続きを理解している。

    ■思考力・判断力・表現力
    フランス語圏の言語や文学に関わる研究領域で、自ら問題を発見してその解決に取り組み、修士学位申請論文あるいは特定の課題についての研究の成果としてまとめる力量を有している。

    ■意欲・関心・態度
    フランス語圏の言語や文学の研究を通じて得た高度な知見や技能を広く社会に還元しようという意欲を有している。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    ■知識・技能
    ・「基礎科目」などを通じて、人文学の領域、とりわけフランス語圏の言語や文学に関わる分野で研究を進めるのに必要な学術的手続きを習得する。
    ・「専門科目」などを通じて、人文学の領域、とりわけフランス語圏の言語や文学に関する専門的な知識を身に付け、最先端の研究成果に触れる。

    ■思考力・判断力・表現力
    「専門科目」や「研究指導」などを通じて、フランス語圏の言語や文学に関わる研究領域で自ら問題を発見してその解決に取り組み、最終的な成果を日本語またはフランス語で、学術的な作法に則ってまとめ上げる力を育む。

    ■意欲・関心・態度
    個々の関心に応じて「専門科目」や「研究指導」を履修し、フランス語圏の言語や文学に関する研究に主体的に取り組む。また、そうした研究の社会的意義について絶えず問う姿勢を養う。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識・技能
    ・フランス語を運用するための基礎的な技能を身に付けている。
    ・フランス文学ないしフランス語学に関する基礎的な知識を有している。
    ・第二外国語(英語)の基礎的な運用能力を有している。

    ■思考力・判断力・表現力
    フランス文学ないしフランス語学の基礎的な問題に関して、自らの考えを秩序立てて説得的に表現することができる。

    ■意欲・関心・態度
    フランス文学ないしフランス語学に関心を持ち、専門的な研究に取り組む意欲がある。

博士後期課程 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

    ■知識・技能
    ・人文学の幅広い教養、とりわけフランス語圏の言語や文学に関する高度に専門的な知識を有している。
    ・フランス語圏の言語や文学の研究を深化させるための多種多様な方法論に通暁している。

    ■思考力・判断力・表現力
    フランス語圏の言語や文学の研究発展に資するような、独創的かつ高度な学術的成果を博士学位申請論文にまとめ上げる力量を有している。

    ■意欲・関心・態度
    フランス語圏の言語や文学の研究を通じて得た高度に専門的な知見や技能を広く社会に還元しようという意欲を有している。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    ■知識・技能
    ・「研究指導」を通じて、フランス語圏の言語や文学に関する研究分野で独創的かつ高度な学術的成果を挙げるのに必要な学術的手続きを習得する。
    ・博士学位申請論文の準備・執筆を通じて最先端の研究成果に触れ、多種多様な方法論を習得する。

    ■思考力・判断力・表現力
    「研究指導」および博士学位申請論文の準備・執筆を通じて、フランス語圏の言語や文学に関する研究領域で独創的な内容の研究に取り組み、最終的な成果を博士学位申請論文にまとめ上げる。

    ■意欲・関心・態度
    個々の関心に応じて「研究指導」を履修し、フランス語圏の言語や文学に関する高いレベルの研究に主体的に取り組む。また、そうした高度に専門的な研究がどのような社会的意義を持ちうるか、絶えず問う姿勢を養う。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識・技能
    ・フランス語を学術的に運用するための高度な技能を身に付けている。
    ・フランス文学ないしフランス語学に関する広範な知識を有し、研究を進めるのに必要な学術的手続きを理解している。
    ・第二外国語(英語)の基礎的な運用能力を有している。

    ■思考力・判断力・表現力
    フランス文学ないしフランス語学のさまざまな問題に関して、自らの考えを秩序立てて説得的に表現することができる。

    ■意欲・関心・態度
    フランス文学ないしフランス語学に関する高度に専門的な研究に取り組み、その成果を博士学位申請論文にまとめる意欲がある。