メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学理工学部物理・数理学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

物理・数理学科では、科学・技術の根幹をなす物理学、数学を学び、実験や演習を通じて応用力を身につけた社会に貢献できる技術者、研究者を育成する。あわせて、基礎から応用まで幅広い分野の物理科学、数理科学の研究を進める。特に、高度な物理学、数学が最先端の技術、複雑な社会現象解明と直接関わり合うようになってきている中で、最新の物理科学が要求する研究手段や技術を使いこなせる人材、数学的素養を持ち、数理モデルを構築して現象を解明し、応用する能力を有する人材を育てる。

3つのポリシー

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

基礎だけにとどまらず、種々の分野への応用にも目を配った物理科学・数理サイエンスの教育を通して、創造的かつ人、社会および自然環境に対して責任を担いうる技術者・研究者を育成する教育プログラムを構築する。

1年次の授業科目では、基礎的素養として、コミュニケーション・ツールとしての英語、コンピュータ・リテラシー、システム分析および物理科学・数理サイエンス学習の基礎としての数学、システム開発の基礎として情報技術の習得を重視する。また、物理学・数学の共通基礎である力学、解析学、線形代数の講義と演習は必修科目として配置する。

2年次の授業では、物理科学コースと数理サイエンスコースに分け、物理学と数学分野としてそれぞれの分野で最も重要な電磁気学、量子力学、および代数学、幾何学、集合論、確率論等を必修科目として配置する。これらの科目は演習と組み合わされ授業を行う。これによって、集中的に基礎的な学力を習得させる。また、「物理計測実験」を物理科学コースの学生を対象に実施する。

3年次では、やや専門的な講義科目を配置し、より実践的な基礎知識の素養を付けるとともに、他の専門科目では、本学科の教育目標「多様な分野への応用」が達成できるように配置する。同時に、数理サイエンスコース学生向けに「数理専門実験」を、物理科学コースの学生には「物理専門実験」を必修科目として配する。

4年次では、これらのカリキュラムの集大成として、各研究室において卒業研究を行う。

物理・数理学科を次の2つの分野に大別する。学生自身が自分の進むべき道を熟考し、自らの意志と責任において履修計画を立てる。

物理科学コース:
力学、電磁気学、量子力学、統計力学、相対性理論等の基礎物理学から、固体物理学、宇宙物理学、生物物理学など対象が絞られた分野、さらには、超伝導、ナノテクノロジー、量子エレクトロニクス等の最先端応用分野まで、さまざまな階層・スケールサイズにおよぶ物理学を学ぶ。
数理サイエンスコース:
代数学、解析学、幾何学、集合論、確率論といった純粋数学から、数値解析学、数理生物学、ファイナンス数学、可積分系といった応用数学まで幅広く数理科学について学ぶ。

上記に平行して、物理学実験、物理学演習、数学演習、数理サイエンス演習など、演習、実験、実習科目を配置する。これらの科目は、実践を通じて統合と解決の能力を育てる。

卒業研究では、物理科学コースにおいては、原則として結果の知られていない新たな問題にあたる。実際の実験装置作り、新たな発想による実験のデザインと実行、新規データの解析、新たな着眼点からの数値シミュレーション等を行う。数理サイエンスコースにおいては、基礎的な数学に立脚した身近な問題へのアプローチ、非線形数学への応用、新しいアルゴリズムに基づく数値解析やファイナンス数学・数理生物学の研究テーマから問題に正対する。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院