メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学理工学部物理・数理学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

物理・数理学科では、科学・技術の根幹をなす物理学、数学を学び、実験や演習を通じて応用力を身につけた社会に貢献できる技術者、研究者を育成する。あわせて、基礎から応用まで幅広い分野の物理科学、数理科学の研究を進める。特に、高度な物理学、数学が最先端の技術、複雑な社会現象解明と直接関わり合うようになってきている中で、最新の物理科学が要求する研究手段や技術を使いこなせる人材、数学的素養を持ち、数理モデルを構築して現象を解明し、応用する能力を有する人材を育てる。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

物理・数理学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 物理・数学および自然科学関連学問分野に興味があり、これらの分野の専門知識や専門スキルを活用して社会に貢献しようとする人
  2. 広い視野と公正な判断力を獲得するため、物理学、数学関連の専門分野に加え、幅広い学問領域(キリスト教、人間社会、自然、歴史など)について学ぶ意欲のある人
  3. 専門分野を学ぶ上で必要な、数学、物理学、英語等の基礎学力を有する人
  4. 授業におけるディスカッション、研究室での輪講、研究発表、学内の各種イベントなど、何事にも協調性を持ちながら積極的に取り組む人

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

物理・数理学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

本学科は、物理分野の力学、電磁気学、統計物理学、熱力学、量子力学、相対性理論の基礎科目を中心として、電気・電子回路、物性物理学、生物物理、光学、原子核・素粒子物理および宇宙物理学関連科目、これらの講義科目関連の実験科目、演習、また、数理分野の代数、解析、幾何、確率統計の基礎科目を中心として、トポロジー、微分方程式、表現論、計算数学などの数学関連科目、および、これらの講義科目関連の演習により構成されている。最終年度には、これら科目群の学習の集大成として、各研究室における輪講および卒業研究が配置されている。また、専門科目学習に必要な化学・生物学等の専門基礎科目および外国語科目、青山スタンダード科目を履修することにより、専門科目のみならず、研究者・技術者として必要な社会性や倫理観の修得が可能なカリキュラム体系を提供している。

特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

物理・数理学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(理学)」を授与する。

  1. 物理・数理学科の必修科目の単位を取得し、物理および数理分野の基礎的な知識を身につけていること。
  2. 「物性物理学」、「生物物理学」、「原子物理学」、「宇宙物理学」、「表現論」、「トポロジー」、「微分方程式論」、「確率論」、「計算数学」の領域から1つ以上の系統だった講義科目の履修および単位の取得を行ない、物理・数理学科学部学生として、必要最低限の専門知識を身につけていること。
  3. 講義科目に関連した実験科目を履修し、専門知識の実践に関する能力を身につけていること。
  4. 輪講および卒業研究の履修を通じて、研究に関する基礎的な学習および実践能力とプレゼンテーション能力、論文執筆能力を身につけていること。
  5. 研究開発の領域のみならず、金融や経営など広く社会において必要とされる数学的センス、物理的センスを持ち、実験科目、演習、輪講により磨かれた問題解決、課題解決能力を身につけていること。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院