メインコンテンツへ

研究科長あいさつ

社会情報学研究科長 稲積 宏誠の写真

社会情報学研究科長
稲積 宏誠 [Hirosige Inazumi]

各専門領域を深く学び、それを「つなぐ」ことで新たな価値の創造を目指す、そのことを実践し、社会に向けて提言していくのが社会情報学研究科のスタンスです。
したがって、他の学部で何らかの専門分野を学んできた方は、その専門分野に近いところから、新たな展開にチャレンジしてください。また、社会情報学部において、その取組を始めた方は、それを実践して何らかのソリューションを世に示していく取り組みを進めてください。さらに、すでに社会において何らかの職業についている方は、それを専門力と実践力という視点で見つめなおしてください。

従来「研究」は、個々で行われるべきものかもしれませんが、個別の研究を結びつけることも大切なことです。研究と研究との隙間を埋めて、それまでバラバラだった"発想"をつなぎ合わせることで、まったく新しいことが見えてくるかもしれません。それが社会に大きく貢献する結果をもたらす可能性もあります。既存の枠を超えることは、新しい可能性にチャレンジすること。そのチャレンジは、「人」と「学び」を見つめなおして新しい価値の創造を目指すヒューマンイノベーションコース、「社会」と「情報」を見つめなおして新しい価値の創造を目指す社会情報コースで行われています。

既存の取り組みに飽き足らず新たな可能性を切り開いていく、そんな楽しみに溢れた社会情報学研究科の取り組みに注目してください。



学部・大学院