メインコンテンツへ

会計プロフェッション研究科

会計プロフェッション研究科は、キリスト教理念に基づく教育の理念と方針を実現するために、高度な職業倫理性を有し、国際人としての資質を充分に備えた会計専門職、すなわち会計プロフェッションの育成を目指しています。
専門職学位課程(会計専門職大学院)の教育内容として、2006年から実施の新しい「公認会計士試験制度」および「会計分野に関する専門職大学院と公認会計士試験制度との連携(短答式試験一部免除)」について配慮し、金融庁および公認会計士・監査審査会の方針に合致した教育内容を基準として設定しています。
会計専門職として必要とされる知識は、簿記・財務会計・管理会計・監査そして関連する、租税法・企業法・IT・経済・経営・統計等です。これらの科目を幅広く体系的に配置し、社会的要請に応えられる質の高いカリキュラムを配置しています。
また、理論研究と実践研究をさらに高め、博士学位の取得を目指す人のための博士後期課程も開設しています。

会計プロフェッション研究科 基本情報

研究科長

小西 範幸
会計プロフェッション研究科長あいさつ

教員

教員紹介 (2016年4月1日現在)

就学キャンパス

青山キャンパス

会計プロフェッション研究科サイト

会計プロフェッション研究科サイト

会計プロフェッション研究科サイトでは、会計プロフェッション研究科の「カリキュラム」「教員」「入学試験」「FAQ」など詳細情報を掲載しております。

会計プロフェッション研究科 専攻一覧

会計プロフェッション専攻(専門職学位課程)

キリスト教理念に基づく教育の実現を理念に掲げ、高度な職業倫理性と専門的能力、国際人としての資質を充分に備えた会計プロフェッションを養成する会計専門職大学院です。

プロフェッショナル会計学専攻(博士後期課程)

会計専門職の研究・教育対象である、会計・監査及び税法の基幹科目とその関連科目に関する理論・基準と制度及び実践についての、高度の職業倫理を備えた会計プロフェッションの教育及び研究の指導者を養成します。

会計プロフェッション研究科 特色

カリキュラムの特色

青山学院の伝統教育の理念を明らかにしたうえで、「会計専門職の養成」に向けた学院の教育理念に直結する「倫理教育の徹底」と「国際人の養成」を2本の柱とした「健全な会計マインドを備えたプロフェッション」の養成を目的とし、以下のような特色ある教育課程を編成しています。

  1. 国際会計士連盟(IFAC)の職業会計士教育国際基準に合致した教育プログラム
  2. 公認会計士試験制度(短答式試験一部免除)に合致したカリキュラム内容と教育の質を保持
  3. 求められる職業倫理を修得し、企業倫理・コーポレートガバナンスの考え方を教育
  4. 国際的感覚を備えた専門職業人を教育するために英語および国際会計基準の教育
  5. 少人数制の演習、論文指導及びディベート、コミュニケーションの資質を向上させる教育
  6. 理論と実務の融合を可能にする実務家教員を多数配置
  7. OB・OGで組織する青学会計人クラブメンバーを中心とする監査法人、公認会計士事務所及び税理士事務所でのエクスターンシップ授業を配置

教育スタッフの特色

会計専門職大学院は多様な会計プロフェッションを育成するために約100科目を配置。専任教員は、その担当する専門分野に関し高度の教育上の指導能力がある研究者教員および実務家教員の17名(内5名が実務家教員)の優れたスタッフを揃え理論と実務の融合を図っています。

会計プロフェッション研究科 育成する人材

  1. 会計修士(専門職)号の取得を目指す者
  2. 公認会計士試験に基づく公認会計士資格(CPA)取得を目指す者
  3. 会計専門職として、企業、公的機関(国、地方自治体、公営企業、独立行政法人)、公益法人等で最高財務責任者(CFO)および最高会計責任者(CAO)としての活躍を期待する者
  4. 内部監査人、監事、評価委員会および監査役等の高度の会計的資質を求める者
  5. 高度な会計知識および会計を基礎とするIT知識の習得を希望する他の専門職(コンサルタント、アナリスト等会計知識が不可欠な専門職業希望者)
  6. 高度な会計知識の再教育(リカレント教育)を求める公認会計士(義務化された継続的職業専門教育(CPE)の支援)
  7. 高度な会計および関連するIT知識の習得を希望する一般的社会人(生涯学習)
  8. 非営利組織(NPO)での会計専門知識の習得を希望する者
  9. 公認会計士以外の他の会計専門職(税理士、米国CPA等)の資格取得希望者
  10. 国際的な会計専門職領域で認知された素養、試験(簿記・英文検定等)の関連教育希望者
  11. 会計、税法等の訴訟関連の教育希望者
  12. 会計領域をマスターして、企業、公的機関のトップマネジメントを目指す者


学部・大学院