メインコンテンツへ

研究科長あいさつ

国際政治経済学研究科長 内田 達也の写真

国際政治経済学研究科長
内田 達也 [Tatsuya Uchida]

国際政治経済学研究科は1986年に設置され、政治学、経済学、言語学等の研究者や、この分野に関わる専門的職業人を輩出してきました。本研究科は、開設当初から、それまで日本の大学院で主流だった徒弟制度的な大学院教育を排し、コースワークの充実と集団的指導によって、開かれた大学院を標榜してまいりました。また、昼夜間のクラス開講によって、社会人に広く門戸を開けているだけでなく、多くの留学生も本研究科で学んでいます。

したがって、そこに集う院生の研究目的も様々です。研究者を目指す者もいれば、長年職場で培った知識や経験を論文に昇華させるためのライフワークとして研究をする者もいます。また、民間の研究所等で働いている方が、より専門的な知識やスキルを求めて本研究科を利用するケースもあります。

本研究科の目指しているのは、研究の場を多くの人々に提供し、そこに集う人々と一緒に政治、経済、コミュニケーションに関する新しい知見を生み出すことです。グローバル社会には、貧困、地域紛争、国際テロ、国際金融不安、地球環境破壊、宗教的摩擦など様々なグローバルイシューが横たわっています。それらの解決に向けて研究に取り組もうとする多くの、そして様々な方に本研究科に集っていただきたいと願っています。



学部・大学院