メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

社会情報学研究科社会情報学専攻ヒューマンイノベーションコースの履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

博士前期課程

科目名 特長
学習学原論 人間の「学び」という現象の科学的な理解について、その根本に立ち返って検討することを目的とした講義形式の授業である。具体的には「模倣」「わざ」「人工知能」「分散知能」「コンピュータを利用した教育」などのトピックを設定して「学ぶ」ということの意味を探求する。隔週6、7限に開講。
学習デザイン原論 学習デザインの基礎理論を体系的に解説する講義・演習形式の授業である。まず学習デザイン論を学ぶ前提として、「教育思想史」「教育方法」「教育心理」の基礎的な系譜と理論を概観する。次に学習デザインについて、「学習環境デザイン」「学習コミュニティデザイン」という二つの側面から検討していく。隔週6、7限に開講。
学習学研究法Ⅰ、Ⅱ 修士論文、特定課題研究論文に向けた研究を行う際に必要となる主要なデータ収集と分析の手法を実習形式で学ぶ授業である。学習学研究法Ⅰでは「観察法」「インタビュー法」を、Ⅱでは「談話分析」「フィールドワーク」について、実際にデータ収集、分析を行いながら学ぶ。隔週土曜4、5限に開講。
創発認知特論 人間の知性を状況との相互作用により断片化された表象が自己組織的に、そして局所的な相互作用を通じて生み出されるものと捉える「創発的知性論」について講義形式で検討する。認知科学を中心とした実証研究の成果について解説しながら、知性の創発的な性質についての理解を深めることを目指す。毎週6限に開講。
ワークショップデザイン実践研究 現場で活躍する実践家、研究者を講師に迎え、実際のワークショップも交えながらワークショップデザインについての考察を深めていくことを目指す授業である。具体的にはチルドレンミュージアムの実践家と特別支援学校でのワークショップに取り組む実践的研究者が講師として参加する。隔週6、7限に開講。


学部・大学院