メインコンテンツへ

カリキュラム

博士前期課程

私法専攻の院生に対するカリキュラム体系は、他の2専攻と共通しており、4層構造になっています。具体的には、コアコンテンツ、プログラムコンテンツ、イシューコンテンツ、プログラムワークコンテンツからなり、それぞれの層に、私法専攻に特有の科目および必要な科目が配置されています。

コアコンテンツには「私法総合演習」と「研究方法論」が設けられており、「研究方法論」では院生全員に1年次で判例研究(又は書評)の報告を課しています。プログラムコンテンツには私法系の各分野の研究科目が多彩に設置されており、またイシューコンテンツには私法系のワークショップが複数あり、各人の関心に沿って自由に選択履修することができます。プログラムワークコンテンツでは、1年次から指導教員の個別指導のもとで修士論文の作成に取りかかり、2年次には中間報告を行ったうえで修士論文の完成を目指すことになります。

授業科目

私法専攻 コアコンテンツ

太字は2016年度開講

授業科目 単位 担当者 備考
私法総合演習 2 菊池 純一
許 末恵
関 武志
松川 実
安見 ゆかり
大山 和寿
佐藤 智晶
研究方法論ⅠA 2 松川 実
松本 英実
Lenz, K.F.
府川 繭子
Coop, S.L.
小澤 直子
研究方法論ⅠB 2 佐藤 智晶

私法専攻 プログラムコンテンツ

太字は2016年度開講

授業科目 単位 担当者 備考
民法(財産法)研究ⅠA
民法(財産法)研究ⅠB

民法(財産法)研究ⅡA
民法(財産法)研究ⅡB
2
2

2
2
関 武志
民法(親族法・相続法)研究ⅠA
民法(親族法・相続法)研究ⅠB

民法(親族法・相続法)研究ⅡA
民法(親族法・相続法)研究ⅡB
2
2

2
2
許 末恵
民法・消費者法研究ⅠA
民法・消費者法研究ⅠB
民法・消費者法研究ⅡA
民法・消費者法研究ⅡB
2
2
2
2
本年度休講
民法(債権担保法)研究ⅠA
民法(債権担保法)研究ⅠB

民法(債権担保法)研究ⅡA
民法(債権担保法)研究ⅡB
2
2

2
2
大山 和寿
民事手続法研究ⅠA
民事手続法研究ⅠB

民事手続法研究ⅡA
民事手続法研究ⅡB
2
2

2
2
西澤 宗英
民事訴訟法研究ⅠA
民事訴訟法研究ⅠB

民事訴訟法研究ⅡA
民事訴訟法研究ⅡB
2
2

2
2
安見 ゆかり
商事契約法研究ⅠA
商事契約法研究ⅠB

商事契約法研究ⅡA
商事契約法研究ⅡB
2
2

2
2
吉田 直
信託法研究ⅠA
信託法研究ⅠB
信託法研究ⅡA
信託法研究ⅡB
2
2
2
2
本年度休講
企業法研究ⅠA
企業法研究ⅠB

企業法研究ⅡA
企業法研究ⅡB
2
2

2
2
土橋 正
知的財産法研究ⅠA
知的財産法研究ⅠB

知的財産法研究ⅡA
知的財産法研究ⅡB
2
2

2
2
菊池 純一
西洋法史学研究ⅠA
西洋法史学研究ⅠB

西洋法史学研究ⅡA
西洋法史学研究ⅡB
2
2

2
2
松本 英実
著作権法研究ⅠA
著作権法研究ⅠB

著作権法研究ⅡA
著作権法研究ⅡB
2
2

2
2
松川 実
雇用関係法研究ⅠA
雇用関係法研究ⅠB
労使関係法研究ⅠA
労使関係法研究ⅠB
2
2
2
2
藤川 久昭
経済法研究ⅠA
経済法研究ⅠB

経済法研究ⅡA
経済法研究ⅡB
2
2

2
2
岡田 直己
国際私法研究ⅠA
国際私法研究ⅠB

国際私法研究ⅡA
国際私法研究ⅡB
2
2

2
2
伊藤 敬也
アジア法研究ⅠA
アジア法研究ⅠB
アジア法研究ⅡA
アジア法研究ⅡB
2
2
2
2
本年度休講
アメリカ法研究ⅠA
アメリカ法研究ⅠB

アメリカ法研究ⅡA
アメリカ法研究ⅡB
2
2

2
2
佐藤 智晶
EU法研究ⅠA
EU法研究ⅠB
ドイツ法研究ⅠA
ドイツ法研究ⅠB
2
2
2
2
Lenz,K.F.
フランス法研究 2 松本 英実 【隔年開講科目】
外書講読Ⅰ 2 申 惠丰
外書講読Ⅱ 2 本年度休講
客員教員講義Ⅰ(英米系) 2 佐藤 智晶
客員教員講義Ⅱ(英米系) 2 本年度休講
客員教員講義Ⅲ(アジア系) 2 本年度休講
国際取引法 2 浜辺 陽一郎
リーガルリスクマネジメント論 2 藤川 久昭 ビジネス法務専攻との併設科目

私法専攻・公法専攻 イシューコンテンツ

太字は2016年度開講

授業科目 単位 担当者 備考
ワークショップⅠA(アジアビジネスロー)
ワークショップⅠB(アジアビジネスロー)

ワークショップⅠC(アジアビジネスロー)
ワークショップⅠD(アジアビジネスロー)
2
2

2
2
藤川 久昭
ワークショップⅡA(契約法の現代化)
ワークショップⅡB(契約法の現代化)
ワークショップⅡC(契約法の現代化)
ワークショップⅡD(契約法の現代化)
2
2
2
2
本年度休講
ワークショップⅢA(コーポレートガバナンス)
ワークショップⅢB(株式の評価)
ワークショップⅢC(コーポレートガバナンス)
ワークショップⅢD(株式の評価)
2
2
2
2
本年度休講
ワークショップⅣA(薬物犯罪総合)
ワークショップⅣB(薬物犯罪総合)

ワークショップⅣC(薬物犯罪総合)
ワークショップⅣD(薬物犯罪総合)
2
2

2
2
酒井 安行
ワークショップⅤA(国際人権法基礎研究)
ワークショップⅤB(国際人権法基礎研究)

ワークショップⅤC(国際人権法基礎研究)
ワークショップⅤD(国際人権法基礎研究)
2
2

2
2
申 惠丰
髙佐 智美
ワークショップⅥA(租税行政法)
ワークショップⅥB(租税行政法)

ワークショップⅥC(租税行政法)
ワークショップⅥD(租税行政法)
2
2

2
2
木山 泰嗣
三木 義一
府川 繭子
岡田 俊明
ワークショップⅦA(トラストと法・総合)
ワークショップⅦB(トラストと法・総合)
ワークショップⅦC(トラストと法・総合)
ワークショップⅦD(トラストと法・総合)
2
2
2
2
本年度休講
ワークショップⅧA(知的財産法)
ワークショップⅧB(知的財産法)
ワークショップⅧC(知的財産法)
ワークショップⅧD(知的財産法)
2
2
2
2
本年度休講

私法専攻 プログラムワークコンテンツ

太字は2016年度開講

授業科目 単位 担当者 備考
私法専攻研究指導ⅠA 2 私法専攻所属各教員 1年次生履修登録用科目
私法専攻研究指導ⅠB 2 私法専攻所属各教員 1年次生履修登録用科目
私法専攻研究指導ⅡA 2 私法専攻所属各教員 2年次生履修登録用科目
私法専攻研究指導ⅡB 2 私法専攻所属各教員 2年次生履修登録用科目

博士後期課程

私法専攻の博士後期課程入学者には、特別のカリキュラムに基づき所要の単位を修得することは要求されていません。博士論文を作成し提出するための学位授与プロセスが定められていますので、これに従って研究指導教員のもとで研究主題を選定し、博士論文の完成を目指すことになります。なお、学位授与プロセスの詳細は大学院要覧の該当ページを確認してください。



学部・大学院