メインコンテンツへ

国際政治学専攻

国際政治学専攻では、国際政治を理論的に捉え、実証的に分析し、国際問題に対する現実的解決策を見出す能力を身につけさせることを目標としています。

修士課程

国際政治学専攻は、安全保障コースとグローバルガバナンスコースから構成されています。
安全保障コースは、国際政治学の中でも、戦争と平和、安全の問題を主要な研究対象とする「安全保障」を専門的に研究するプログラムです。グローバルガバナンスコースは、主権を中心とした国際政治の伝統的枠組みを超え、国家間協力や制度、市場と国家の関係、国際秩序の問題を地球的視野から捉えようとするプログラムです。地域研究や外交史も本専攻科では主要講座として多く開講していますが、これらは安全保障、グローバルガバナンス共に関連する科目となります。
両コースには国際政治学基礎科目からなるA群、さらに、国際政治学の各領域の専門科目からなるB群という科目群が設けられています。うち、A群は2つのコースの共通科目となり、国際政治学、政治理論、社会科学方法論をはじめ、国際安全保障理論、外交史、政治経済学など国際関係論の主要な領域の基礎講座があります。安全保障コースのB群には、平和と安全の問題を研究するために必要な専門的な講座が設けられ、国際安全保障政策、政治外交史、戦略研究、インテリジェンス、政軍関係、新領域の安全保障(サイバーなど)、国際平和活動論などを専門的に学ぶことができます。グローバルガバナンスコースのB群では、グローバルガバナンス論、国際制度論(レジーム論)などの国際政治分野の理論的科目、国際人権法、国際行政論、国際NGO論、国連研究など行政部門の科目、さらに、他専攻科目をも受講できます。国際経済学専攻からは国際公共政策や環境経済学などを、国際コミュニケーション専攻からもインターカルチュラル・エシックスなどの科目が受講できます。アメリカ政治外交、ロシア政治外交、中国政治外交など地域研究系の講座は、国際安全保障、グローバルガバナンス双方のコースの共通科目として主要な科目群です。また、人間の安全保障、平和構築論など今日的イシューも、双方からのアプローチが可能です。さらに、B群では国際政治学特論が複数開講され、これらでは国際政治学の先端研究への道を開きます。
国際政治学専攻は国際政治学の各分野で研究者を目指す人、また、国際機関や官庁など実務の道に進みたい大学院生のために準備されており、国際政治学の基本から専門分野まで体系的な訓練を受けることができます。また、実務家による講座も設けられています。過去、本研究科からは多くの国際政治研究者や、地域研究者、実務家を排出してきました。
本専攻では、社会人のキャリアアップ・アカデミックリターン入学を特に奨励しています。実務家が再び国際政治理論や、政策・事象分析の方法論に立ち返り、自らのキャリアのステップアップに役立てると同時に、国際政治学に実務的視野を反映させることに貢献することを目指します。

博士後期課程

修士課程を修了したあと、さらに本大学院で研究に専念したい方のために、博士後期課程が設けられています。博士後期課程は、主に研究者を育成するための、より高度で専門的なプログラムです。博士候補に選ばれた方は、現代の国際政治を理解するうえで重要な具体的研究テーマを選び、5人の指導教員の下で博士論文を仕上げ、論文の審査を受けます。今まで本大学院の国際政治学専攻から博士号を取得した者は14人おり、大学などで教鞭をとったり研究職についています。

国際政治学専攻 基本情報

教員

教員紹介 (2016年4月1日現在)

2016年度入学定員

修士課程:25名
博士後期課程:3名

国際政治経済学研究科サイト

国際政治経済学研究科サイトのイメージ

国際政治経済学研究科サイトでは、「各専攻・コース・カリキュラムの紹介」「修士・博士論文の紹介」「在学中の研究支援に関する情報」「入学試験情報」「奨学金制度」「在学生の声」などを掲載しております。

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

国際政治学専攻の教育の目的と、アドミッションポリシーなど3つのポリシーをご紹介いたします。

カリキュラム

カリキュラム

国際政治学専攻のカリキュラムをご紹介いたします。

履修モデル・主要科目の特長

履修モデル・主要科目の特長

国際政治経済学研究科国際政治学専攻の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

修了要件等

修了要件等

修了に必要な単位数や取得学位など、国際政治学専攻の修了要件や履修についてご紹介いたします。



学部・大学院