メインコンテンツへ

機能物質創成コース

物理学、化学、電気電子工学の物性分野を統合し、新機能をもつ物質の創製とその応用を教育します。

機能物質創成コースの研究分野は、固体物理学、新規超伝導物質、磁性材料の創成、薄膜・表面物理学、物質表面物性の解析、固体電子物性、電子薄膜材料の合成と解析、固体化学、高度な機能を有する無機薄膜材料の創成、メゾスコピック系の物理学、量子ナノデバイスの開発、物性理論、新規機能性物質の材料設計などです。

機能物質創成コース 基本情報

指導教員

教員紹介

理工学研究科サイト

理工学研究科サイトのイメージ

理工学研究科サイトでは、理工学研究科の「過去の入試問題」などを掲載しております。

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

機能物質創成コースの教育の目的と、アドミッションポリシーなど3つのポリシーをご紹介いたします。

カリキュラム

カリキュラム

機能物質創成コースのカリキュラムをご紹介いたします。

履修モデル・主要科目の特長

履修モデル・主要科目の特長

理工学研究科理工学専攻機能物質創成コースの履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

修了要件等

修了要件等

成績評価や進級条件、修了に必要な単位数や取得学位など、機能物質創成コースの修了要件や履修についてご紹介いたします。



学部・大学院