TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

ビジネス法務専攻

ビジネス法務専攻

ビジネス法務専攻の目的は、ビジネスロー・リテラシーを有する職業人を育成することにあります。「ビジネスロー」とは、ビジネスにおけるさまざまなシーンで繰り返し適用されることになる法分野の総称です。具体的には、民法、商法・会社法、経済刑法、知的財産法、独占禁止法、労働法、金融法、税法などが挙げられます。
しかし、「ビジネスロー」は、こうした法分野を単にそのまま総合したものではありません。近年話題になっているコンプライアンス、CSR(企業の社会的責任)、内部告発、リーガルリスクマネジメント、企業などに対する税務調査や課税処分等の具体的な問題を解決するための法的思考力を必要とする分野だからです。ここにいう法的思考力とは、証拠によって認定された具体的な事実を整理したうえで(事実認定)、そこで問題になる関連法令等の条文を抽出してこれを解釈して適用することで(法解釈)、事案を適切に処理する能力のことです。本専攻では、こうした法的思考力を修得し鍛えて、具体的な問題解決のために使うことができるようになることを目指します。

ビジネス法務専攻では、こうした観点から、従前は4つのプログラムを設定しておりましたが(金融、知財、人事労務、税)、2018年度より「税法務プログラム」のみとしました。カリキュラムや設置科目も変更し、これまで税法務プログラムが有してきた特色ある教育プログラムをさらに強化しました(ディベート、課税実務法務、外国税法務等の新設科目の設置等)。