メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院国際マネジメント研究科国際マネジメント専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

国際マネジメント研究科国際マネジメント専攻は、キリスト教の教育理念に基づき、社会的責任を果たし、地球市民として活動する、創造的リーダーを養成することを目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

国際マネジメント専攻は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. グローバルな視野を持ってビジネスを行う。
  2. ビジネスパーソンとしての責任を果たす。
  3. 自らのビジネスの課題を設定し、解決する。
  4. 論理的に物事を考える。
  5. 自らの意思を的確に表現する。
  6. 豊かな創造性を持ってビジネスを展開する。
  7. 組織のリーダーとしての役割を果たす。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

専門職学位課程

カリキュラム体系

国際マネジメント専攻の専門職学位課程は、教育研究上の目的を達成するために、体系的なカリキュラム体系を構築している。必修基礎科目では、国際マネジメントの遂行に必要とされる経営各分野の基礎知識を身につける。選択基礎科目では、国際マネジメントの実践の際に求められる基礎知識・スキルや高い倫理観とグローバルな視野を身につける。次いで、専門科目(ストラテジー&オーガニゼーション、マーケティング、ファイナンス&アカウンティング、オペレーションズと情報システムの4分野)を履修することによって専門性を高める。最後に体験的学習プロジェクト科目を履修して、知識の統合を図ると共に、グループ学習によってビジネスに必須のコーディネーション能力を訓練する。

特色

本専攻の専門職学位課程は、ビジネススクールのグローバル・スタンダードに則った体系的なカリキュラムを追求している。本専攻はそのために、海外のビジネススクールと提携して、カリキュラムの開発を図るとともに、海外ビジネス・スクールとの学生の交流も積極的に行う方針を立てている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

専門職学位課程

国際マネジメント専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「経営管理修士(専門職)」を授与する。

  1. 企業の主要な経営機能についての理解
  2. 国際マネジメントに関する基礎理論及び基礎概念の習得
  3. 国際マネジメント分野の問題発見能力及び問題解決能力の修得
  4. 国際マネジメントに必要とされる定量的及び定性的分析手法の習得
  5. 経営倫理とグローバルな視野の修得
  6. 国際マネジメント分野でのコミュニケーション能力の修得
  7. 国際マネジメントに必要とされるリーダーシップの修得


学部・大学院