メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

理工学研究科理工学専攻電気電子工学コースの履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

博士前期課程

科目名 特長
電子物性・材料特論Ⅱ 新しい材料の登場に伴って新しいデバイスが考案され、電気・電子工学は発展してきた。新しい材料を創るためには今ある材料の特徴を十分に把握していなければならない。この講義は知っておくと良い材料、材料の物理的な性質として知っておいて欲しい知識を与えることを目的としている。
信号処理特論 ネットワークを支える信号処理について概説する。特にブロードバンドネットワークの基盤となる光ネットワーク技術に着目し、高速化と高機能化に欠かせない主要な光デバイスについて、動作原理およびシステム実装についての理解を深める。
モータードライブ特論 半導体電力変換器を用いた電動機の可変速駆動は省エネルギーのための基盤技術であり、家庭、ビル、工場、輸送機関などあるゆる分野で利用されている。この講義では、最も簡単な直流電動機からはじめ、インバータを用いた交流電動機の可変速制御について基礎から判りやすく解説する。


学部・大学院