メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学文学部史学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

史学科では、日本史、東洋史、西洋史、考古学と、歴史を地域やジャンルをこえて幅広く学習して、今日の世界情勢や文化を総合的・客観的に分析できる人材、専門的知識の習得を通して、自己を確立し、未来への展望を切り開ける人材を社会に送り出すことを目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

史学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 歴史を単なる過去として学ぶのではなく、現代社会をより正確に理解するために、自己はもちろん、他者や世界のさまざまな地域の人々が歩んできた軌跡への理解と思いやりを持つ学生。
  2. 歴史学的な手法を通じて今日の世界情勢や文化、人間と社会についての柔軟でかつ深い理解力を身につけ、社会で広く活躍しようとする熱意を持つ学生。
  3. 以上の理念から、本学科では、自己推薦入試をはじめさまざまな試験制度を導入し、多様な学生を積極的に受け入れている。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

カリキュラム体系

史学科の教育課程は、青山スタンダード科目と日本史、東洋史、西洋史、考古学の専門教育科目で構成される。

特色

本学科では、1年次では概説を通じて基礎的な内容を幅広く学び、2年次から日本史、東洋史、西洋史、考古学の各コースに分かれ、学問領域固有の手法を学ぶとともに、専門的な内容や最新の研究成果を学ぶ。また、フィールドワーク(研修旅行)などを通じて自ら問題を発見し、考え、その解決を通じてさまざまな能力を獲得することをめざす。なお、大学院と連携し、学部生がより高度な内容を学習し、大学院への進学に有利な制度を導入している。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

史学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(歴史学)」を授与する。

  1. 歴史学や考古学に関する幅広い知識を学ぶ。
  2. それぞれの領域固有の専門的な研究手法を学び、歴史的思考を身につける。
  3. 必修としている卒業論文の執筆を通じて、歴史的思考を現代社会の理解に役立てる能力を身につける。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院