メインコンテンツへ

教育研究上の目的・アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー

教育研究上の目的

国際政治経済学研究科は、国際社会において、より豊かな未来を切り拓いていくために、学術研究の一層の推進により新しい知見を創造し、各分野において国際的に貢献できる人材の育成を目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

国際政治経済学研究科は、以下のような能力・意欲を持った入学生を求め、国内外から受け入れる。

修士課程

  1. 本研究科が提供する社会科学分野に関する専門的な学術研究を志す者。
  2. 国際的な諸問題に関心を持つ者。
  3. 外国語文献を読むことができる語学レベルを備えた者。
  4. 大学院での専門的な学術研究を行うために必要となる能力を有する者。

博士後期課程

  1. 各専攻分野において高度で専門的な学術研究を行うために必要となる理論的研究能力と語学力、論理的思考力、幅広い専門知識を有する者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

修士課程

国際政治経済学研究科は、国際政治学専攻、国際経済学専攻、国際コミュニケーションの三専攻からなり、それぞれの分野での研究を深めると同時に、学際的で高度な研究教育を行うために、専攻間の科目履修が可能となっている。また理論分野のみならず実践的科目群を提供している。

博士後期課程

修士課程での研究をさらに進化発展させ、高度の専門的な研究を行い、指導教員のみならず関連分野の教員と合同で論文指導を行い、博士学位の取得を目指し、研究者の育成を行う。



学部・大学院