TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

学生支援に関する方針

学生支援に関する方針

青山学院大学は、「青山学院教育方針」および「青山学院大学の理念」を実現するため、すべての学生が学生生活を通して豊かな人間性を涵養し、学生の資質および能力を十分に発揮させることを目的として学生支援に関する方針を定める。

  • 修学支援

    1)学生が学修を円滑に進めていくことができるよう、相談、指導および補習教育の実施に取り組む。
    2)学生が自ら意欲的に修学を進めることができるよう、設備環境の整備に努める。
    3)留年者、休学者および退学者の状況把握と分析を行い、学生の声に耳を傾け、多様な学生がそれぞれに充実した学生生活を送ることができるよう、関係各所が連携して適切な対応を行う。
    4)正課教育と正課外活動が連動する仕組みを構築し、教育効果を高める。

  • 生活支援

    1)学生が目的意識と自覚を持ち、スポーツ、文化、ボランティア等の自主的な活動を積極的に行えるよう支援する。
    2)学生の健全な心身を維持増進するため、学生一人ひとりが快適、安全、安心かつ経済的に安定した学生生活を送れるよう支援する。

  • 進路支援

    1)学生の多様な進路に対応し、卒業後までを見通した柔軟で的確なキャリア・サポートを目指す。
    2)卒業後に自立した人間として、仕事を通じて社会に貢献するために、「学生が納得のできる進路選択」を目指して体系的に支援する。

  • 障がい学生支援

    1)障がいのある学生が支援を希望し、必要性があると認められた場合、関係各所が連携し、すべての学生が共に学びあうことができるよう可能な支援を行う。
    2)障がいの有無に関わらず、安全かつ利用しやすいキャンパスで過ごせるよう、設備環境の整備に努める。
    3)障がいのある学生の支援の希望を把握し、すべての教職員・学生と問題意識を共有し、理解を深めるための啓発活動を行う。