TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻生命科学コースの教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

生命科学の急速な進歩は、新たな学問領域や産業領域を切り拓き、社会に対しても大きな影響を与えつつある。生命科学コースでは、この広い領域の共通基盤となる知識を身に付け、生命現象を担う分子の構造、機能、およびその調節機構の研究を通じて、自ら研究を進める能力の育成を目指している。また、理工学専攻中の生命科学という特色を生かし、医薬品、食品などの既存分野だけでなく、生命科学領域をフロンテイアとする新しい技術の開発にも貢献できる人材を育てたいと考えている。

博士前期課程 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

    ■知識・技能
    ・生物学、化学、物理学を母体とした生命科学として分子遺伝学、脳科学、構造生物学、生命情報科学、生体分析化学、生物物理学、ナノバイオ生物物理学等のいずれかの分野において、独力で研究を推進可能な専門知識と研究遂行能力を有している。
    ・国外で研究発表できる英語力を身につけている。
    ・専門フロンティアプログラムでは、高度な研究と応用に関する深い知識を、複合フロンティアプログラムでは科学技術の成果に対する社会活動面からの評価および科学・技術に対する社会経済活動からのニーズ等を評価できる幅広い専門知識を有している。

    ■思考力・判断力・表現力
    専門知識に基づいて、生命現象を解釈し、その機序理解と制御、応用の研究を行うことにより、先端科学技術の発展に寄与できる広い視野を持つ技術者・研究者になれる思考力・判断力・表現力を有している。

    ■意欲・関心・態度
    社会人としてグローバルに活躍する意欲に加え、修士の学位に値する高い倫理観と科学技術の発展に寄与できる人間性を身につけている。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    教育プログラムとして、「専門フロンティアプログラム」および「複合フロンティアプログラム」を編成する。

    「専門フロンティアプログラム」
    生物学、化学、物理学を母体とした生命科学を学ぶことができる教育課程を編成する。
    具体的には、細胞生物学、タンパク質科学、微生物分子生物学、ゲノム情報科学、生体高分子の統計力学、神経科学、生体機能化学、生体機能分析、構造生化学、バイオインフォマティクス、バイオテクノロジー、生命科学研究法など、基礎と応用科学的な問題に関する特論を学ぶ。さらに科学・技術と社会、福祉工学、環境科学、リスクベース安全工学、問題解決演習、研究開発特論、知的財産、科学技術倫理などの環境、安全、倫理的観点を学ぶ。これらによって独力で研究を進めるために必要な専門知識が得られる。また、科学技術英語を必修とし、国外で研究発表できる英語力も身につける。

    専門分野に関する情報収集、研究計画の立案、試験装置や解析ソフトの開発とそれによる研究の遂行など、総合的な研究指導によって培われる思考力、判断力、洞察力に基づき、独力で研究を推進可能な能力が得られる。学内および国内外での研究発表の機会を数多く設け、表現力を身につける。

    独力で研究を遂行できるように、専門以外にも環境、安全、倫理等の諸問題について、社会に出てから必要な関心と態度を、研究活動を通じて養う。国内外でのインターンシップの機会を与えることで、グローバルな環境を体験し、社会人としてグローバルに活躍する意欲を養う。

    「複合フロンティアプログラム」
    複数コースの専門分野を広く学び、社会・文化と科学・技術のかかわりなど、科学・技術に関する調査・分析に関する幅広い専門知識を養う。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識・技能
    ・専門フロンティアプログラムでは、専門分野を学ぶ上で必要な外国語、数学、専門科目などについて内容を理解し、大学卒業相当の知識を有し、生物学、分子生物学、生化学、生物物理学、生命情報科学、生体分析化学などの基礎が理解できる。
    ・複合フロンティアプログラムでは、幅広く専門知識を身に付けるための基礎学力および大学卒業相当の外国語の知識がある。

    ■思考力・判断力・表現力
    大学卒業相当のレベルで、物事を多面的かつ論理的に考察し、自分の考えをわかりやすく表現し、伝えることができる。

    ■意欲・関心・態度
    コースの特徴を理解した上で、生命科学に興味があり、専門知識や専門スキルを活用して社会に貢献しようとする意欲があり、興味を持っている。

博士後期課程 3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

    ■知識・技能
    ・幅広い専門知識に独創的な自らの研究業績を融合させる専門知識と研究遂行能力を有している。
    ・国外で研究発表し、情報交換のできる英語力を身につけている。

    ■思考力・判断力・表現力
    高度な専門知識に自らの研究成果を融合させ、先端科学技術の発展に寄与できる広い視野を持つ技術者・研究者であると認められる思考力・判断力・表現力を有している。

    ■意欲・関心・態度
    社会人としてグローバルに活躍する意欲に加え、博士の学位に値する人格および高い倫理観と科学技術の発展に寄与できる人間性を身につけている。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    幅広い専門知識に独創的な自らの研究業績を融合させるための基礎となる豊かな学識を養い、博士の学位に値する研究業績をあげ、学術的な議論の能力が持てるように研究指導を行うことができる教育課程を編成する。
    博士論文の作成指導では、生命科学分野の最先端の研究テーマと方法論を選定し、独創的な研究成果を創出する。また、国外での研究発表により英語力を向上させる。

    将来、先端科学技術の発展に寄与できる技術者・研究者として、独り立ちできる能力が培われるように、最新の科学技術に関する情報収集が可能な国内外の学会活動や、産業界のニーズ理解に向けた社会活動などが積極的に行える研究環境を与え、思考力と判断力を向上させる。また、修士および学部の学生とともに研究を進める場を設け、協調性、表現力、指導力を向上させる。

    独創的な研究を遂行できるように、専門以外にも環境、安全、倫理等の諸問題について、社会に出た時に必要な関心と態度を、研究活動を通じて養う。国内外でのインターンシップの機会を与えることで、グローバルな環境を体験し、国際レベルでの研究を推進することができ、社会人としてグローバルに活躍する意欲を養う。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識・技能
    専門分野を学ぶ上で必要な外国語、数学、専門科目などについて内容を理解し、大学卒業相当の知識を有し、生物学、分子生物学、生化学、生物物理学、生命情報科学、生体分析化学などの基礎が理解できる。

    ■思考力・判断力・表現力
    大学卒業相当のレベルで、物事を多面的かつ論理的に考察し、自分の考えをわかりやすく表現し、伝えることができる。

    ■意欲・関心・態度
    コースの特徴を理解した上で、生命科学に興味があり、専門知識や専門スキルを活用して社会に貢献しようとする意欲があり、興味を持っている。