メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻生命科学コースの教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

生命科学の急速な進歩は、新たな学問領域や産業領域を切り拓き、社会に対しても大きな影響を与えつつある。生命科学コースでは、この広い領域の共通基盤となる知識を身に付け、生命現象を担う分子の構造、機能、およびその調節機構の研究を通じて、自ら研究を進める能力の育成を目指している。また、理工学専攻中の生命科学という特色を生かし、医薬品、食品などの既存分野だけでなく、生命科学領域をフロンテイアとする新しい技術の開発にも貢献できる人材を育てたいと考えている。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

生命科学コースは、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 生物、生化学、生物物理学などを含む生命科学関連の専門分野における確たる基礎力を有すること。
  2. 生物、生化学、生物物理学などを含む生命科学関連の専門分野における確たる基礎力を深め、社会に貢献する技術者・研究者となるための奥行きのある幅広い知識を得る努力が出来ること。
  3. 技術者・研究者として社会と科学技術との関係に強い関心を持ち、かつ高い倫理観を身につけることに意欲のあること。
  4. 博士後期課程においては、博士前期課程において生命科学関連の高度な専門知識を獲得し、生命科学分野の研究者として高い研究遂行能力を身につけていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

物理学、化学、生物学を母体とし、生命科学および基幹科目として天然物科学、ゲノム科学、タンパク質科学、生物物理学、細胞生物学、神経科学などの系統的な専門講義により教育するカリキュラム体系である。

特色

神経生化学、生物物理、分子生物学、タンパク質科学などの領域より研究テーマを選び研究を行う。少人数の専任教員ではカバーしきれない分野については「生命科学特論A・B」としてさまざまな分野で活躍中の気鋭の研究者を学外から招き、確実な知識と広い視野を持った学生を育成する。また、学生が新しい実験手技を体験し、自身の研究に取り入れることができるよう、講義と実験を並行して行う「生命科学研究法A・B」という特徴的な科目を用意している。

博士後期課程

カリキュラム体系
特色

博士後期課程の学生は、生命科学の分野において研究者として国際的に活躍できるレベルを目指している。指導教員は適切なアドバイスを行うと同時に、研究計画の立案から結果のプレゼンテーションに至る全過程を自主的に遂行できる、独立した研究者の養成を行っている。更に博士前期課程の学生や卒業研究の学生を含む研究グループのリーダーとして研究教育の指導もできる人材を育成している。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

生命科学コースは、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(理学)」を授与する。

  1. 生物、生化学、生物物理学などを含む生命科学全般における基礎理論・実験実習を修得した者。
  2. 生命科学関連の高度な専門分野において、研究の理論的解析や実験の分析能力を修得した者。
  3. 技術者・研究者として科学技術の社会への応用を熟知し、学位に相応しい視野の広がりと高い倫理観を修得した者。

博士後期課程

生命科学コースは、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(理学)」を授与する。

  1. 生物、生化学、生物物理学の中の特定の専門領域において、学術的にオリジナリティーのある研究成果を学位申請論文として作成し、発表した者。
  2. 生命科学関連の高度な専門知識を獲得し、生命科学分野の研究者として高い研究遂行能力を修得した者。
  3. 研究遂行において、高いコミュニケーション能力、リーダーシップ能力を修得した者。


学部・大学院