メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻機能物質創成コースの教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

新機能を持つ物質の創成を中心に、物質設計やデバイス作製等の応用も視野に入れた総合的な研究を行なうことを目的としている。物性物理学、固体化学、物質科学、薄膜工学、電気物性工学、表面科学等のいずれかを基礎におきつつ、分野を横断し幅広い知識に精通した、最先端の物質科学を行なうことが出来る人材を育成する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

機能物質創成コースは、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 材料科学関連の専門分野(物性物理学、固体化学、結晶成長学、表面物理学、電子工学、薄膜工学、等)における確たる基礎力を有すること。
  2. 材料科学関連の専門分野における確たる基礎力を深め、社会に貢献する技術者・研究者となるための奥行きのある幅広い知識を得る努力が出来ること。
  3. 技術者・研究者として社会と科学技術との関係に強い関心を持ち、かつ高い倫理観を身につけることに意欲のあること。
  4. 博士後期課程においては、博士前期課程において材料科学関連の高度な専門知識を獲得し、材料科学分野の研究者として高い研究遂行能力を身につけていること。
  5. 専門的な知識に基づく高度なコミュニケーション能力を獲得する重要性を認識し、その意欲があること。
  6. アカデミックな職種だけではなく、企業における研究開発や企画などにおいても役に立つ実践的な応用力を身につける意欲があること。
  7. 英語の学習にも意欲があり、英語による研究成果の国際会議での発表や欧文学術雑誌への論文投稿に意欲があること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系
特色

博士後期課程

カリキュラム体系
特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

機能物質創成コースは、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(理学)」又は「修士(工学)」を授与する。

  1. 研究開発を遂行するために必要となる専門領域の基礎知識・理論を修得していること。
  2. 自己の研究開発テーマに基づいて、自ら計画を立案してそれに取り組み、研究開発成果を学位論文としてまとめる能力があること。
  3. 研究開発を通して実践的な能力を身につけ、研究者・技術者として必要な基礎的素養を修得していること。

博士後期課程

機能物質創成コースは、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(理学)」又は「博士(工学)」を授与する。

  1. 自ら研究テーマを設定し、研究計画を立案・遂行してその研究成果の国内外学会における報告および査読のある学術論文誌に投稿し、掲載されること。
  2. 上記の成果をまとめ、オリジナリティーのある学位論文として完成させること。
  3. 研究過程の中で最先端の科学技術に取り組む研究者としての方法論と能力を修得すること。


学部・大学院