メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

国際政治経済学研究科国際政治学専攻の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長

安全保障コース(修士課程)

科目名 特長
戦略研究:Sea Power and the Transformation of East Asia, 1839-2012. Sea power shaped East Asia's modern history and defined its emergence in the international system. Since the first half of the 19th century, for one hundred and fifty years, the strategic use of the sea in peace and war contributed to emergence of the region's main modern state actors and shaped its security landscape. The module examines such a transformation from the first Opium war to the emergence of maritime disputes in the East and South China Seas. In so doing, the module explores core strategic issues pertaining to the European encroachment in China and the collapse of the Chinese Empire; the rise and fall of Japanese military power; the emergence of the United States as the main regional hegemon; the impact of the Cold War on Japanese security; the division of the Korean peninsula; the Sino-American confrontation in the Pacific; the Rise of China in the Post-Cold War; and Japan's consolidation as East Asian's most advance sea power.
国際関係史 この授業では、20世紀(以降)のヨーロッパにおける国際政治を規定した第一次大戦と、その教訓から新しい国際秩序を形成しようとしたパリ講和会議を検討し、現在の国際政治における諸問題を考えるにあたっても貴重な示唆を与えてくれる国際連盟(の設立)、バルカン半島を含む東欧問題や中近東問題の処理等を考察する。
アジア太平洋政治 アジア太平洋の国際関係の変容とそれへの対応を、地域制度の形成と動態を通じて理解しようとするものである。なぜ同地域にも地域制度が構築されることになったのか、その動態にはどのような特徴があるのか、各国は地域制度にどのような姿勢を取ってきたのか。また、経済的な相互依存関係が深まる中で権力政治が激化しつつあるアジア太平洋で、地域制度は地域の平和と安定にいかなる役割を果たすことができるのかを考えたい。

グローバルガバナンスコース(修士課程)

科目名 特長
グローバルガバナンス論 グローバルガバナンス論では、同概念がなぜ、いつ、どのように、学問分野としての国際関係論や実際の国際政治の舞台で要請されてきたのかについて考察する。この概念の広がりは、グローバル化現象、グローバルな課題の顕在化あるいは経済のグローバル化などと不可分の関係にあり、これらの傾向や課題に対して国際社会の対処法を探ることも目的とする。考察の対象や問題領域は、主権国家、世界秩序、国際機関、経済のグローバル化、安全保障、環境問題、人権ならびに人間の安全保障問題とグローバル・ガヴァナンスである。
国際環境論 地球温暖化、生物多様性等の人類の生存基盤に関わる地球環境問題は、各国政府の他、経済団体、労働組合、女性・先住民など様々な民間団体が関わりつつ、地球規模の国際枠組みを形成し、協働して解決する課題である。
人間の安全保障 人間の安全保障という言葉が「発明」されたのは1990年代前半である。この講義では、この言葉が登場する背景、意味内容の多様化と収斂、関連用語との比較対照などを扱う。
第1部では登場の背景、第2部では概念の結晶化、第3部では第2部とは裏腹の相対化を扱う。最後に、参加者各自の関心に即した報告をしてもらう。


学部・大学院