メインコンテンツへ

ゼミナール案内

教育学科の2017年度のゼミナールの研究テーマをご紹介いたします。
(担当教員・科目内容は年度によって異なる場合があります。)

教員名 研究テーマ
井上 直子 体力、健康、運動、スポーツおよび体育教育に関する研究
岩下 誠 20世紀教育史を考える
大塚 類 子どもや若者の学び、人間関係、成長について現実に基づき考える
大森 秀子 世界のシスティズンシップ教育
小田 光宏 探究学習:「読む」「探す」「考える」を研究する
河本 洋子 心身の健康と運動
北本 正章 子ども学研究(子ども認識の教育社会史・教育文化史研究)
小林 紀子 幼児教育の「新と真」-変化する環境とのかかわりの中で-
小針 誠 教育と子どもの諸問題に関する社会学的・歴史学的な分析
杉谷 祐美子 高校との接続、社会との接続から考察する大学生・大学教育の研究
杉本 卓 学び、コミュニケーション、メディア
鈴木 宏昭 思考と学習の認知科学
鈴木 眞理 生涯学習施設・社会教育施設研究
竹下 啓 教育および周辺分野における「安全」や「倫理」に関する研究
野末 俊比古 主体的に学ぶ姿勢を育む学習方法・学習環境・学習資源のデザインと活用
-現代情報社会における教育の在り方を考える-
長谷川 祥子 小・中・高等学校の国語科における文学的文章の教材研究
早坂 方志 特別支援教育とその関連分野に関する研究の基礎
樋田 大二郎 「感じ合いつながり合う学習を作る」
藤田 幹夫 授業と生徒理解
古荘 純一 子どもの心身面の諸問題における多面的アプローチ
安井 年文 スポーツや身体運動を媒体とした教育について
柳田 雅明 学校や教育施設と連携するもしくはそれらも飛び越えていく学び
吉仲 淳 幼少児教育におけるサウンド・エデュケーションと必要となる身体
横山 徹 美の探検

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院