メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学院教育人間科学研究科教育学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

教育学専攻では、青山学院大学教育人間科学部教育学科における教育の基礎の上に専門の学術を研究し、人間社会に関する深い学識と研究能力を養い、教育についての諸理論をはじめとする隣接諸科学の知を総合して、優れた教育者、養育者、研究者の人材養成を目的とする。特に博士前期課程においては、研究能力及び高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養うことを目的とし、博士後期課程においては、研究者として自立して研究活動を行うとともに、高度な専門職に必要な研究能力と資質、及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

教育学専攻は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 教育学に関する研究の進展あるいは教育学ならびに隣接諸科学を基盤とする専門的実践者としての熟達を通して、社会に貢献することを目的とする者。
  2. 教育学の基礎知識を修得するとともに、学術的な研究もしくは専門的職能の追求を遂行する基本姿勢と能力を備え、本専攻の教育課程および教育・研究の指導体制に従って学修と研究を進めて、それぞれの修学目的を達成する見込みのある者。
  3. 本専攻が目的とする専門性を備えた優れた研究者、教育者、養育者の人材養成を実現する見込みのある者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

乳幼児から高齢者までの生涯にわたる様々な人間についての実践研究に取り組みながら、今日の社会から要請される多方面にわたる専門的な業務に従事する実践研究力及びその基礎となる豊かな学識を有する人材を育成する目的から、研究法に関する基礎科目ならびに教育思想、教育史、幼児・児童臨床教育、学校教育学、生涯学習、情報マネジメント、国語教育等、多方面にわたる領域の専門科目を開設し、併せて研究指導体制を整えている。

特色

研究能力の育成、研究の進捗状況の把握および研究指導のために基礎科目ならびに「研究指導Ⅰ~Ⅳ(各半期2単位、合計8単位)」を設置するとともに、1年次後期の終わりと2年次前期の終わりに修士論文の中間報告会を論文提出の前提条件として課している。

博士後期課程

カリキュラム体系

博士前期課程における学修を前提として、教育思想、教育史、幼児・児童臨床教育、学校教育学、生涯学習、情報マネジメント、国語教育等の各専門領域に区分された段階的な研究指導科目を設置して研究指導体制を整え、今日の社会が要請する高度に専門的な研究課題に対応できる自立した研究能力・実践研究力を備えた人材を育成する体制を整えている。

特色

高度な研究能力の育成、関連分野の学会・研究会等における研究成果の発表や報告、その他の活動を通して「学位取得のための研究」を促すために、必修科目として「研究指導Ⅴ~Ⅹ(各半期2単位、合計12単位)」を設置している。また毎年度9月に研究成果の報告会を開き、研究指導の一環として報告義務を課している。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

教育学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(教育学)」を授与する。

  1. 本専攻における学修を通して、人間の形成ならびに人間社会に関する深い学識と研究能力を養うことができたと認められる者。
  2. 教育についての諸理論をはじめ隣接諸科学の知を総合して、優れた教育者、養育者、研究者として社会に貢献できる資質・能力を確保したことが認められる者。
  3. 研究能力及び高度の専門性を要する職業等に必要な能力が確保されたことが認められる者。

博士後期課程

教育学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(教育学)」又は「博士(学術)」を授与する。

  1. 教育学に関する精深な学識と高度な研究能力を養うことができたと認められる者。
  2. 教育についての諸理論をはじめ隣接諸科学の知を総合して、優れた研究者、教育者、養育者として社会に貢献できる資質・能力を確保したことが認められる者。
  3. 研究者として自立して研究活動を行うとともに、高度な専門職に必要な研究能力と資質、及びその基礎となる豊かな学識が養われたと認められる者。


学部・大学院