メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻マネジメントテクノロジーコースの教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

製品ライフサイクル、生産システム、サプライチェーン、環境経営、経営管理などの現代社会が抱える問題領域について、情報技術、OR・統計、IEの観点に立ったそれらのマネジメントに必要な概念・方法論・システムの構築とその運用を学び、研究する。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

マネジメントテクノロジーコースは、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 経営システム工学の専門知識を習得し、研究者としてそれを深めていく意欲があること。
  2. 自ら課題を発見し、深い洞察を加え、解決に向けて継続的に取り組めること。
  3. 研究者、技術者としての倫理観をもち、社会的責任を自覚し、自身の将来像に向かって努力できること。
  4. 国際的な視野をもち、異なる文化や異なる専門分野の人々とコミュニケーションできる能力を有すること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系
特色

博士後期課程

カリキュラム体系
特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

マネジメントテクノロジーコースは、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(工学)」を授与する。

  1. マネジメントテクノロジーの基礎理論を習得し、それを応用・発展させながら問題の解決を行う能力があること。
  2. 広い視野をもちながら独創的な課題設定を行い、理論・実践の面から研究を進め、専門領域の学術的水準に達していると認められること。
  3. 国際感覚、協調性、倫理感を身につけ、社会貢献にむけて努力できる社会人であること。

博士後期課程

マネジメントテクノロジーコースは、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(工学)」を授与する。

  1. マネジメントテクノロジーの先端的理論を習得し、それを専門領域の学術的水準を超えて高度に発展させる研究ができること。
  2. 高い問題認識能力をもちながら独創的な課題設定を行い、研究の成果が学術的なオリジナリティーがあると認められること。
  3. 自立的な研究者として高い学識と研究能力、および豊かな人間性を有し、リーダーシップを発揮して社会へ貢献できる能力があること。


学部・大学院