TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

3つのポリシー

3つのポリシー

青山学院大学法学部法学科の3つのポリシーをご紹介いたします。

  • ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

    ■知識・技能
    豊かで系統的な法知識と、それを現実に適用する技能を身につけて、国家や国際機関、国内外の民間企業等において、それらを活用することができる。

    ■思考力・判断力・表現力
    論理的・合理的思考力を身に付けて、平時においてはもちろん非常時においても、論理的・合理的な判断に基づいて行動し、妥当な解決を導ける能力を身に付けている。

    ■意欲・関心・態度
    日常生活においては、周囲の人々の立場や状況、心情に配慮することができる。社会生活においては、客観的正義感及びキリスト教の慈愛の精神を身に付けている。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    ■知識・技能
    法学科のカリキュラムは、4つのコース(ビジネス法、公共政策、司法、ヒューマン・ライツ)で編成し、各コースともに1年次には、法学入門、法学概論、憲法A・B、民法入門といった必修科目をはじめ、基礎的な法学・政治学科目の一部を学ぶことで、法学全般への関心を高めていく。同時に、4つのコース導入科目を通じて、各コースの特徴や卒業後の進路モデルを理解し、1年次後期からはいずれかのコースに所属して専門的な能力を修得する。

    人権意識の涵養および少年法の学習のために、法務省保護局の協力により、少年保護施設における研修を実施する。

    「国際性を養うための海外セミナーカリキュラム」 独自の教育コンテンツ・プログラムとして、2週間から3週間程度の間、外国の大学や国際機関で学ぶ海外セミナー(韓国、中国、オーストリラリア、アメリカ、イギリス)がある。

    【特色】
    学生サポート制度
    入学当初の学生をサポートする上級生によるSA(スチューデント・アシスタント)を配置する。また、博士後期課程の大学院生等によるSV(スーパーバイザー)による補助を行なう。

    多彩なイベントと多種多様な資料と研究プロジェクトの成果
    法律指導室においては博士後期課程の大学院生や若手の弁護士が企画した課外教育として、多様な教育イベントが得られる。

    さらにAoyama Law Square には、法学会、法学部資料室、判例研究所があり、また別にビジネスローセンターがあるので、多種多様な資料、研究プロジェクトの成果に触れることができる。

    ■思考力・判断力・表現力
    「少人数演習を核にしたカリキュラム連携」2年次に設置されている入門演習(導入ゼミ)を通じて、法学・政治学学習の基礎を固める。3・4年次には法学・政治学・教養分野の演習(専門ゼミ)を選択し、特定の分野について深く学習すると共に、関連する専門科目に係る知見を獲得することができる。

    意欲的な学生を対象とした懸賞論文制度を設け、論文作成と完成の機会を設ける。

    ■意欲・関心・態度
    入門および専門科目の教育を通じて法学部の「リーガルマインド」(論理的・合理的思考力、法的正義感、社会的に妥当な結論を導く能力等)を涵養するとともに、本学のキリスト教主義およびスクール・モットーである「地の塩、世の光」を体得するために、1年次と3年次においてキリスト教概論を必修科目とする。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識・技能
    論理的な思考力基礎となる数学、基礎的教養である日本史あるいは世界史を高等学校卒業相当のレベルで習得している。入学後、国際的に情報を収集または発信する能力に必要な語学力を身につけている。とりわけ英語は読む、書く、聞く、話すといった自己表現上の技能を高等学校卒業相当レベルで習得していることが望ましい。

    ■思考力・判断力・表現力
    入学後講義や演習で、自らの主張を説得力ある適切な内容と論拠を持って表現することが求められるので、法学を学ぶ上で必要な日本語での文章表現力の基礎を習得している。

    ■意欲・関心・態度
    法学あるいは政治学に関心を持っている。入学後、本学のスクール・モットーである「地の塩、世の光」を体現し、同時に「リーガルマインド」、論理的・合理的思考力と法的正義感を持って、社会的に妥当な結論を導ける「問題解決能力」を身に付ける意欲を有している。