メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院国際政治経済学研究科国際政治学専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

国際政治学専攻では、国際政治を理論的に捉え、実証的に分析し、国際問題に対する現実的解決策を見出す能力を身につけさせることを目標とする。

修士課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国際政治学専攻は、学生が課程修了時に以下の学力を身につけているために、教育課程を整備する。
国際政治学専攻では、国際政治を理論的に捉え、実証的に分析し、国際問題に対する現実的解決策を見出す能力(高い語学力を含む)を身につけさせることを目標として「安全保障コース」と「グローバル・ガバナンスコース」の2つの履修コースを設け、それぞれのコースに適したモデル履修計画に従って一貫した教育プログラムを提供する。

2つのコースに共通する国際政治学の主要な領域をカバーする基礎科目(A群)と各コースで異なる専門科目(B群)を配置している。地域研究系の科目や人間の安全保障、平和構築論といった科目は両方のコースに共通する専門科目(B群)として双方からのアプローチが可能なように配置している。さらに、学術的論文を作成する能力や、特定のテーマについて専門的な研究を行う能力を育成するための専門演習科目を配置する。

専門科目では多くの外国語文献を教材および論文作成時の先行研究として使用し、国際政治学の専門的知識を修得するために必要な語学力を養う。

「安全保障コース」では、国際政治学の中でも特に戦争・紛争と平和を巡る問題を研究する。安全保障理論と政策、思想、歴史を学び、合わせて政治理論、地域研究、外交史等へ広がりを持たせて研究をしたい人のために、国際政治学、社会科学方法論などを基礎として、紛争と平和、安全の問題を中心とした科目を配置する。

「グローバル・ガバナンスコース」では、市場と国家の関係を取り扱う国際政治経済学、また、レジームやガバナンス論などリベラリズム、構成主義の国際政治理論に関心を持つ人、あるいは、地球環境、平和構築などグローバル・イシューに関心を持ち、将来現場でこれらの問題に取り組むことを目指している人のために、主権を中心とした国際政治の伝統的枠組みを超え、国家間協力や制度、国際秩序の問題を地球的視野からとらえようとする科目を配置する。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

博士後期課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国際政治学専攻は、その目指すべき人材像にかなう人物を育成し、学生が博士学位申請論文を執筆し、所定の審査に合格するために、教育課程を整備する。

現代の国際政治を理解するうえで重要な個別主題を選び、指導教員、および関連分野教員の指導を受けながら、高度の専門的な研究を行うことができる体制を提供する。博士学位申請論文の作成過程で深い専門知識に精通し、独創的研究を行う能力を向上させるための研究上のアドバイスを与える専門演習科目を設置する。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度



学部・大学院