メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学経済学部経済学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

経済学科は、経済学を理論、政策、歴史の3方向から総合的に学び、現実の経済問題を自ら分析できる力を養い、弾力的な思考と行動力を持った自由で独立した学生を育てる。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

経済学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 学部・学科の目的を理解していること。
  2. 総合的な視点から経済学を学習する意欲を持っていること。
  3. 社会や経済に対する分析力や行動力を身につけたいという意欲を持っていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経済学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。特に、本学科の専門教育に関するカリキュラム体系と特色は次の通りである。

カリキュラム体系

経済学の履修科目を「入門科目」「基礎科目」「専攻科目」の3つに分類し、段階学習によって専門性を高めていけるようにカリキュラムを整備している。1年次の入門科目と基礎科目によって経済学の土台をつくり、その土台のうえで専攻科目によって体系的な学問理解を深めるようにする。それぞれの科目は多様な学問領域にわたるもので、各自の将来の職業を視野に入れつつ、勉強できるシステムになっている。

特色

「理論・数量コース」・「政策・産業コース」・「歴史・国際・地域コース」の3コースにおいて、総合的に学習することができ、「産業論」において社会の最前線で活躍する企業人の講義も受講できる。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

経済学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(経済学)」を授与する。

  1. 経済学を多様な側面から総合的に学んだ学生。
  2. 現実の経済社会における諸問題を自ら分析できる力を養った学生。
  3. 社会貢献などに対して行動力を持った自由で独立した学生。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院