TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

英米文学科

英米文学科

6つの専門分野の学際的研究を通じて、世界で活躍できる人間を育成します。

多数の外国人教員を含む教授陣を持つ英米文学科は、高い水準と充実したカリキュラム構成を誇りとし、英語の実際的運用力を向上させるさまざまな科目も配置し、「英語の青山」を代表する学科であると自負しています。
英米文学科では、学生一人ひとりが自らの英語力を磨き、その技能を用いて幅広い分野で活躍できるように、独自に開発したIntegrated English(IE) Programによって1・2年次のうちに英語力を確かなものとし、これを基盤とした多様な専門教育を展開しています。
2010年度からは、イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、グローバル文学・文化、英語学、コミュニケーション、英語教育学の6コースで構成されたカリキュラムを導入。多面的で総合的な英語へのアプローチを身につけると同時に、3年次からは、ひとつの専門コースを主体的に選ぶことで、自らの興味・関心や秀でた点をさらに伸ばす個別的な勉学に取り組むことを可能にしています。
さらに、本学科の学生が、それぞれの人生・生活・社会的経歴のなかで活用することのできる英語力の養成を目指し、多面的かつ専門的な英語教育の場を提供。そのひとつとして、海外の大学との交換留学(単位認定制度あり)の機会を豊富に用意しており、学科独自の短期イギリス研修も実施しています。したがって、海外への交換留学者の数も非常に多いです。
また、伝統を誇る英語教員の育成においては、これまでに多数の教員免許状取得者を輩出。文学部英米文学科の学生は卒業までに、英語に関連した幅広い知識とともに、英文学、米文学、英語学、コミュニケーション、英語教育学など各自の興味に応じた専門性を身につけていきます。