TOP

学生証の交付・更新手続き等

学生証の交付・更新手続き等

青山学院大学の学生であることを証明する学生証についてご紹介いたします。

学生証のもつ意味

学生証は、青山学院大学の学生であることを証明するものです。通学の際には必ず携行し、請求があったときや、以下諸手続き時に提示してください。また、他人に貸与してはいけません。

  • 01.試験を受けるとき
  • 02.通学定期券、学割乗車(船)券を購入するとき
  • 03.図書館を利用するとき
  • 04.大学の施設・備品を利用、借用するとき
  • 05.遺失物を受取るとき
  • 06.学内窓口で各種相談を希望するとき

なお、学生証は大学が学生に貸与しているものです。卒業・退学等によって離籍したときや再発行後に紛失した学生証が見つかったときは直ちに学生生活部学生生活課(青山キャンパス)・相模原事務部学生生活課(相模原キャンパス)に返還しなければなりません。学生共通細則、第4条学生証に関する事項を遵守し、大切に扱ってください。

学生証の交付・更新と有効期間

新入生には、入学式の当日に交付します。学生証の有効期限は、最短修業年限となっていますが、裏面の在籍確認シールの有効期限が切れるときには更新が必要です。更新日時・場所等については、学生ポータル等でお知らせします。
なお、学生証を紛失た場合は、学生証再交付の手続きを所属キャンパスの学生生活課で行ってください。
更新の際、必要事項および通学区間(所属キャンパスの最寄駅から自宅最寄駅を結ぶ最短区間)をペンまたはボールペンで記入してください。
また、「通学定期乗車券発行控」の欄をすべて使い切った場合は、所属キャンパスの学生生活課にて新たな在籍確認シールの交付を受け、古いシールを剥がしてから新しいシールを貼り直してください。

記入事項・記載事項の変更

次の場合は、学生証を持参のうえ、学生生活部学生生活課(青山キャンパス)・相模原事務部学生生活課(相模原キャンパス)に届けてください。
新しい在席確認シールへの貼替えが必要となります。

  • 現住所・通学区間を変更した場合
  • 記載事項に修正があった場合

身分証明書として使用できなくなりますので、変更事項は絶対に自分では訂正しないでください。

再交付

学生証を紛失や盗難された場合は、所属キャンパスの学生生活課に再交付を願出るとともに、悪用されることのないように最寄りの警察署または交番に届出てください。また、破損・汚損した場合も、学生証の再交付を願出てください。

持参するもの
紛失・盗難の場合再交付手数料 2,000円(本学証明書用証紙)
破損・汚損等、学生証が手元にある場合旧学生証と交換(無料)
NOTE
  • 再交付は、原則として翌開室日13時以降となります。(ただし金曜日申込み分は、月曜日の13時以降交付)

プリペイド機能について

2020年度以前の入学生に交付した学生証には、プリペイド機能がついていますが、2021年3月末をもって学生証のプリペイド機能をはじめとした全てのサービスを終了いたします。
なお、残金の精算は、2022年3月まで可能となりますので、学内の入金精算機にて精算をお済ませください。

学内専用プリペイドサービス対象機器(2021年1月現在)
・入金精算機 ※青山キャンパス17号館2階・相模原キャンパスB棟F棟に設置
・証明書自動発行機(大学・短大)
・食券販売機(大学・短大の学生食堂)
・飲料自動販売機

学生証の紛失の場合は料金の払戻しはできません。取扱いに十分注意してください。

※卒業・退学等によって学生証を返還する場合には、必ず事前に精算をしてください。