TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学文学部フランス文学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

フランス文学科では、フランス語及びフランス文学・言語学・思想を通して、人文学の幅広い教養と深い専門知識を身につけ、同時に適切な判断力と滋味豊かな人間性を備えた人材を育成し、広く文化の進展に寄与することを目的とする。

3つのポリシー

  • ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

    ■知識・技能
    ・フランス語を運用するための基礎的な技能を身に付けている。
    ・幅広い教養、とりわけフランス語圏の言語、文学、文化に関する基礎的な知識を身に付けている。
    ・人文学における基礎的な研究手法を習得している。

    ■思考力・判断力・表現力
    フランス語圏の言語、文学、文化の諸問題に取り組み、その成果を日本語またはフランス語で秩序立てて説得的に表現することができる。

    ■意欲・関心・態度
    フランス語圏の言語、文学、文化の学習・研究を通じて得た知見や技能を広く社会に還元しようという意欲を有している。

  • カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    ■知識・技能
    ・学科のフランス語科目などを通じてフランス語の運用能力を身につける。
    ・青山スタンダード科目や文学部共通科目、学科の講義科目や演習などを通じてさまざまな学問分野の知見を深める。
    ・フランス語圏の言語、文学、文化について調べ、考え、表現するための基本的技能を習得する。

    ■思考力・判断力・表現力
    学科の講義科目や演習、卒業論文などでフランス語圏の言語、文学、文化の諸問題に取り組み、その成果を日本語またはフランス語で秩序立てて説得的に表現できるようにする。

    ■意欲・関心・態度
    個々の関心に応じて講義や演習を履修し、フランス語圏の言語、文学、文化に関する学習・研究に主体的に取り組む。また、そうした学習・研究の社会的意義について絶えず問う姿勢を養う。

  • アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

    ■知識・技能
    高等学校で学習する国語、外国語、地理歴史などについて、高等学校卒業相当の知識を有している。

    ■思考力・判断力・表現力
    ・上記の知識に基づいた問題解決能力を有している。
    ・文章を読んでその内容を的確に把握したうえで、それに対する自分の考えを秩序立てて表現することができる。

    ■意欲・関心・態度
    フランスの言語、文学、文化などに関心を持ち、それらについてより深く学ぼうという意欲がある。