メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学文学部フランス文学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

フランス文学科では、フランス語及びフランス文学・言語学・思想を通して、人文学の幅広い教養と深い専門知識を身につけ、同時に適切な判断力と滋味豊かな人間性を備えた人材を育成し、広く文化の進展に寄与することを目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

フランス文学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. フランス文学(思想、哲学を含む)・語学・文化を学ぶことによって豊かな人間性を育むことを目指す学生。
  2. 異なる文化や社会についての知識を積極的に身につけようとする学生。
  3. 語学を身につけるための忍耐力に富み、持続的な努力を怠らない学生。
  4. 探究心を持ち、根気強く調査し、考察を深めることができる学生。
  5. 周囲の学生や教員との積極的交流を持ち、人間的成長を目指す学生。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

フランス文学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

本学科では、1・2年次でフランス語の基礎的な運用能力を身につけ、2・3・4年次でフランス文学、語学、文化の専門知識を深めることを目指している。そのため、原則として1・2年次は必修科目を重点的に学ぶ一方で、2・3・4年次にかけて、文学や語学、文化に関して、多種多様な科目の中から、知的好奇心に応じて自由に学ぶことができる。2年次から演習科目(ゼミ)と各分野の専門家による講義科目を履修することができ、3年次以降は、演習科目と講義科目に加え、確かな読解力をつけることを目指す「講読演習」や、フランス語運用能力を高めるための科目も用意されている。また、4年間の学習の成果を「卒論」というかたちで集大成することもできる。

特色

独自に開発した教材を用いて、多くの学生にとっての初習外国語の基礎知識の習得に向けて万全の支援体制を取っている。会話の授業では、最新の設備を利用し、少人数教育を行っており、ネイティヴ・スピーカーから生きたフランス語をじかに学ぶ環境を整えている。2年次から3・4年次にかけては、演習で専門的な知識や洞察力をさらに深め、高度なプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を培う。また、講義科目で最先端の研究成果に触れ、高度な文学的・文化的教養の獲得を目指す。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

フランス文学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(文学)」を授与する。

  1. フランス語の確かな運用能力(読む力、書く力、話す力)を身につけていること。
  2. フランス文学・語学・文化についての深い専門的知識を身につけていること。
  3. 先入見にとらわれない適切な判断力を身につけていること。
  4. 高度なプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を身につけていること。
  5. 深い専門知識、適切な判断力、高度なコミュニケーション能力に裏打ちされた豊かな人間性を獲得していること。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院