メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻機械創造コースの教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

本コースは、人類の持続的発展に役立ち、優れた機能を持つ機器やシステムを創造する研究者と技術者を養成する。すなわち、エネルギー・環境・安全・倫理に対する広い視野に立って、ものの形や機構と力学的作用を深く理解させる教育・研究を行ないます。さらに、機械に代表されるハードと知能に代表されるソフトとの融合を図り、進んだ情報処理能力、高度な計測技術を習得させ、研究指導を通じて総合力を養い、自ら問題発掘と解決のできる学生を育てる。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

機械創造コースは、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 機械工学関連の専門分野における確たる基礎力を有すること。
  2. 機械工学関連の専門分野における確たる基礎力を深め、社会に貢献する技術者・研究者となるための奥行きのある幅広い知識を得る努力が出来ること。
  3. 技術者・研究者として社会と科学技術との関係に強い関心を持ち、かつ高い倫理観を身につけることに意欲のあること。
  4. 博士後期課程においては、博士前期課程において機械工学関連の高度な専門知識を獲得し、機械工学分野の研究者として高い研究遂行能力を身につけていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系
特色

博士後期課程

カリキュラム体系
特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

機械創造コースは、以下の要件を満たす「専門フロンティアプログラム」の学生に対し、「修士(工学)」を、「複合フロンティアプログラム」の学生に対し、「修士(学術)」を授与する。

  1. 「専門フロンティアプログラム」においては、本コースに2年(4学期)以上在学し、専攻共通科目(必修および選択必修)、コース基幹選択必修科目(選択必修)、理工学特別実験・演習(必修)、科学技術英語Ⅰ(必修)を履修の上所定の単位を修得し、正規の研究により学位論文を提出してその審査に合格しなければならない。ただし、外国語認定については、科学技術英語Ⅰの単位が取れていれば、その単位をもって認定するものとする。在学期間に関しては、優れた研究業績を挙げた者については、1年(2学期)以上在学すれば足りるものとする。
  2. 修士論文の審査および試験は、その研究において、学術的に新規性があること、独創的であること、社会に貢献できる応用性または応用の可能性を持っているかを見る。また、学位申請を行った学生がこれからの研究や開発などにおいて、その計画力、実施力、そして結果に対する説明責任の力を持っているかを判断する。
  3. 「複合フロンティアプログラム」においては、専門共通科目の科学技術英語Ⅰならびに理工学特別実験・演習、複合フロンティア特別演習(いずれも必修)および専攻共通科目、専攻専門科目、その他選択科目を履修の上所定の単位を修得することが、学位授与要件である。

博士後期課程

機械創造コースは、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(工学)」を授与する。

  1. 本コースに3年以上在学し、正規の研究を行い、かつ学位論文を提出して、その審査および最終試験と外国語認定試験に合格しなければならない。ただし、外国語認定については、本研究科の科学技術英語Ⅰの単位が取れていれば、その単位をもって認定するものとする。
  2. 博士論文の審査と最終試験は、その研究において、学術的に新規性があること、独創的であること、社会に貢献できる応用性または応用の可能性を持っているかを見る。また、学位申請を行った学生がこれからの研究や開発などにおいて、その計画力、実施力、そして結果に対する説明責任の力を持っているかを判断する。広い分野における知識と行動力ならびに倫理感を持っているかどうかが視される。


学部・大学院