メインコンテンツへ

経済学研究科

経済学研究科は、経済学専攻、公共・地域マネジメント専攻の2専攻で構成されています。

経済学研究科 基本情報

研究科長

中村 まづる
経済学研究科長あいさつ

教員

教員紹介 (2016年4月1日現在)

就学キャンパス

青山キャンパス

経済学研究科サイト

経済学研究科サイトのイメージ

経済学研究科サイトでは、経済学研究科の紹介や、各専攻の詳細情報、教員紹介、大学院修了後の進路、大学院進学Q&Aなどを掲載しております。

経済学研究科 専攻一覧

経済学専攻

経済学専攻では、本大学経済学部における教育の基盤の上に、専門の学術を研究し、精深な学識と研究能力とを養うと共に、キリスト教の信仰に基づいて、人格を陶冶し、以て堅実な社会人として文化の進展に寄与する人物を養成します。

公共・地域マネジメント専攻

経済学の知見の下、公共部門や国際・社会地域を取り巻く諸問題に対応する新たな制度を設計するとともにそれを運用・管理・評価する能力を有する、高度な専門知識と実践力に裏付けられた政策立案エキスパートや地域開発エキスパートなど高度な専門人の育成をします。

経済学研究科 沿革

1953年 経済学研究科経済学専攻修士課程設置
1957年 経済学研究科商学専攻修士課程設置
1960年 経済学研究科経済政策専攻博士課程設置
1964年 経済学研究科商学専攻博士課程設置
1970年 経済学研究科商学専攻修士課程及び博士課程廃止
1984年 「修士課程」を「博士前期課程」に、「博士課程」を「博士後期課程」に変更
1991年 経済学研究科博士後期課程経済政策専攻を経済学専攻に名称変更
2008年 経済学研究科公共・地域マネジメント専攻博士前期課程設置
2010年 経済学研究科公共・地域マネジメント専攻博士後期課程設置


学部・大学院