TOP

学内研究支援制度実績

在外研究・国内研究・特別研究期間

年度在外研究国内研究特別研究期間
20208名5名6名
201910名1名8名

基盤研究強化支援推進プログラム

総合研究所による本学の研究者への支援の一環として発足した、科学研究費獲得に対する基盤研究強化支援推進プログラムの実績を掲載しております。

年度区分Ⅰ(150万円)区分Ⅱ(50万円)総計金額
20191件29件16,000,000円
20182件22件14,000,000円

アーリーイーグル研究支援制度(若手研究者支援制度)

博士後期課程学生、助手、助教等の若手研究者の育成と研究活動の活性化および独創的・先駆的な文理融合研究の創成の促進し、科学研究費、補助金等の外部競争的研究資金の獲得を支援するアーリーイーグル研究支援制度の支援実績を掲載しております。

年度博士後期課程(25万円)助手・助教(70万円)総件数合計
201912件10件22件10,000,000円
201812件10件22件10,000,000円

SDGs関連研究補助制度

年度件数金額
201912件3600,000円

青山学院学術賞

受賞者名所属受賞業績
阿部 崇 教授文学部 フランス文学科[著書]『ミシェル・フーコー、経験としての哲学 -方法と主体の問いをめぐって-』(2017年11月 法政大学出版局)
熊野 寛之 教授理工学部 機械創造工学科[体系的研究] 相変化ヒスラリーの流動および熱伝達特性に関する研究
  • 過去の受賞者

    平田 雅博 教授(文学部 史学科)
    ウェールズの教育・言語・歴史 -哀れな民、したたかな民-

    松本 茂 教授(経済学部 経済学科)
    Environmental Subsidies to Consumers: How did they work in the Japanese market?

    佐久田 博司 教授(理工学部 情報テクノロジー学科)
    体系的研究(含 発明)Webアプリケーションを基盤とする次世代の情報環境への技術展開-教育・福祉分野および材料開発支援における実証課題の解決-

    町田 祥弘 教授(会計プロフェッション研究科 会計プロフェッション専攻)
    監査の品質 -日本の現状と新たな規制-