メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院法学研究科私法専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

私法専攻では、国内外の法理論の基底から各専門分野における現在の到達点まで幅広く指導教育することにより、卓越した研究能力を有する研究者、国際社会にも貢献できる公務員、即応的な紛争解決能力を兼ね備えた企業法務担当者、広範な法理論的素養を修得した法科大学院への志望者あるいは比較法的研鑽を積んだ国際的な専門弁護士など、社会の中核を担いうる法律家の育成を目的とする。

博士前期課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

知識・技能

法学研究科の各専攻では統一的な4層構造のカリキュラム体系で編成する。この4層構造は、主に1年生を対象として、研究の基礎的技法を学ばせるコアコンテンツ(研究方法論等)、プログラムコンテンツ(教員による少人数演習クラス)、イシューコンテンツ(教員と院生が共同研究を行なう特別クラス)、プログラムワークコンテンツ(指導教員による論文指導)から成る。本専攻は、研究者の養成および高度な専門的知識を備えた社会人の育成を目指しており、そのために必要な科目および重要な科目を各コンテンツに配置する。

【特色】

私法専攻では、指導教員による院生の個別指導体制の充実を図り、修士学位申請論文提出予定者に課せられた中間報告では、指導教員以外からの助言を受けられるとともに、院生間の相互討論による切磋琢磨の機会を設ける。

思考力・判断力・表現力

プログラムコンテンツにおける少人数演習、イシューコンテンツにおける教員との共同研究、プログラムワークコンテンツにおける指導教授の指導に加えて、コアコンテンツの研究方法論で行われる情報リテラシーおよび判例研究の授業を通じて、様々な指摘を受ける中で、思考力、判断力、表現力を養う。

意欲・関心・態度

本学のキリスト教の慈愛の精神を、日常生活においても、社会生活においても、研究においても、法的合理的思考の過程で反映することができるようにするために、学内で行なわれる各種教会行事には院生も参加可能とする。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

博士後期課程 3つのポリシー

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与の方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

知識・技能

単位制のカリキュラムは採らず、研究指導教員の研究指導を受けながら、博士学位授与プロセスに従って、博士学位申請論文の完成を目指す。

【特色】

博士学位申請論文作成に専念できることを大きな特色とするが、研究者としての養成について以下のように配慮する。
博士前期課程で開講されている科目への参加が奨励され、より深い知識の習得および研究指導能力の涵養を図る。また学内の各種研究組織および学外の学会・研究会等における研究発表に積極的に参加し、その研究成果を「青山社会科学紀要」「青山ローフォーラム」その他の学会誌に発表するよう指導する。

思考力・判断力・表現力

博士後期課程では、博士論文の提出如何にかかわらず、毎年、自らの研究について中間報告会における報告を課す。その報告に向けて、私法分野における基礎概念、基礎理論、先行業績や判例理論、他国の立法例等を踏まえつつ、要となる個々の点または理論全体について、自己の論理的合理的思考を駆使して検討を加えることができるように、各人は自己の研究領域を中心に、国内外を問わず、多くの関連文献にあたるように努めるよう指導する。

意欲・関心・態度

先行業績および他者の理論を尊重し、十分に理解したうえで、個々の点について、自己の論理的合理的見解を、矛盾なく外部に表明できる姿勢。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

知識・技能

思考力・判断力・表現力

意欲・関心・態度

学部・大学院