メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院法学研究科私法専攻の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

私法専攻では、国内外の法理論の基底から各専門分野における現在の到達点まで幅広く指導教育することにより、卓越した研究能力を有する研究者、国際社会にも貢献できる公務員、即応的な紛争解決能力を兼ね備えた企業法務担当者、広範な法理論的素養を修得した法科大学院への志望者あるいは比較法的研鑽を積んだ国際的な専門弁護士など、社会の中核を担いうる法律家の育成を目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

私法専攻は、以下のような能力・意欲等を持ち、私法分野の研究を重層的に強化する能力を持った入学生を求める。

  1. 「法学」の基礎的知見を十分にふまえていること。
  2. 「特定の私法分野」に関する研究推進の視座が確かであること。
  3. 「研究計画の緻密さ」、「志望動機の確かさ」、「人格・意欲」、「希望専攻科目に関する研究遂行能力」という四つの評価項目を重視する。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

私法専攻では、法学研究科の各専攻で統一的な4層構造のカリキュラム体系を採用する。
この4層構造はコアコンテンツ、プログラムコンテンツ、イシューコンテンツ及びプログラムワークコンテンツから構成されている。
本専攻は、研究者の養成及び高度な専門知識を備えた社会人の育成をめざしており、そのために必要な科目及び重要な科目が各コンテンツに配置されている。

特色

私法専攻では、法学研究科の統一的な4層構造のカリキュラム体系を採用することを大きな特色とする。
そのもとで、指導教員による院生の個別指導体制の充実が図られていることや修士学位申請論文提出予定者に課せられた中間報告では、指導教員以外からの助言を受けるとともに、院生間の相互討論による切磋琢磨の機会を設けていることも特色の一つである。

博士後期課程

カリキュラム体系

私法専攻博士後期課程では、単位制のカリキュラム体系をとらず、研究指導教員の研究指導を受けながら、博士学位授与プロセスに従って、博士学位申請論文の完成を目指す。

特色

私法専攻博士後期課程では、博士学位申請論文に専念できることを大きな特色とするが、研究者としての育成について以下のように配慮されていることも特色の一つである。
博士前期課程で開講されている科目への参加が奨励され、より深い知識の習得、および指導能力の涵養が図られている。
また学内の各種研究組織および学外の学会・研究会等における研究発表に積極的に参加し、その研究成果を「青山社会科学紀要」「青山ローフォーラム」その他の学会誌に発表するよう指導がなされている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

私法専攻は、以下の1~3の諸要素を総合的に判断し、「修士(法学)」を授与する。

  1. 私法分野に関する基礎概念及び基礎理論を習得する。
  2. 私法分野に関する各法分野の法理または比較法研究手法の体系的に習得する。
  3. 私法分野に関する実践的総合判断能力を習得する。

博士後期課程

私法専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(法学)」を授与する。

  1. 私法分野に関する基礎概念または基礎理論の応用の仕方を習得する。
  2. 私法分野に関する新機軸となる先駆的な研究に挑戦し、所定の成果をおさめる。
  3. 私法分野に関する共同研究にて経験した知見を研究の基礎とする。


学部・大学院