TOP

心理学科

DEPARTMENT OF PSYCHOLOGY

AOYAMA CAMPUS

認知、発達、社会、臨床の心理学を理解し、
人間の心の問題を実践的に解決する「心の専門家」を育成します。

MOVIES 動画で知る心理学科

  • 心理学科 学科紹介ムービー
  • 北村文昭教授 心理学とは?
  • 心理学科 学生インタビュー

FEATURES 学科の特色

  1. 4つの専門領域と、 進路に合わせた2つのコース

    「心理学基礎」によって基本的な知識と態度を修得後、「認知」「発達」「社会」「臨床」の4領域を専門的に学びます。さらに、「哲学・認識論」関連科目により思考力を鍛えます。進路に合わせて自由度の高い授業選択をする「一般心理コース」と、公認心理師や臨床心理士をめざす「臨床心理コース」の2コース制を導入しています。

  2. 公認心理師・臨床心理士の 資格について

    公認心理師や臨床心理士の資格を取得するために必要となる科目を履修することが可能です。公認心理師は心理専門職の国家資格であり、定められたカリキュラムを大学および大学院博士前期課程で充足し、国家試験に合格することで取得できます。本学部および大学院は、公認心理師受験資格取得に対応しています。また、大学院の博士前期課程(臨床心理学コース)は、修了後実務経験を経ることなく臨床心理士の受験資格を得ることができる(公財)日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定を受けています。

  3. 心理学科合同研究室

    心理学科の学生であれば誰でも利用可能です。心理学に関する本や雑誌、パソコンも完備されており、自由に学習できる環境が整っています。

  4. 青山心理学会 -学生主体で学年を超えた交流を実現-

    心理学会は、学部生、大学院生、専任教員、卒業生の有志による集まりです。この会では、講演会や勉強会の開催、「青山心理学研究」の発行を行っているほか、新入生オリエンテーションや卒業パーティといったさまざまなイベントを実施しています。これらは学生による自主的な運営が中心で、学年を越えたアットホームな交流を生んでいます。

PICK UP LECTURES 授業紹介

心理学的支援法B ~人がつながる心理支援~

私たちは、日々の生活な中で様々な問題を抱えながら生活しています。家庭や社会環境からのストレスや心身の病気、災害、事故など、心理支援の必要性は多岐にわたっています。こうした問題を解決するために、多くの心理療法や地域支援活動が重要となっています。これらの支援活動にあたっての知識や技能を習得するために、講義やグループワーク、ディスカッションを通じて皆で考えを出し合いながら、授業を進めていきます。その中で、臨床心理学の歴史や意義とともに、アセスメントや支援の実践的な方法を学習し、良好な人間関係を築くためのコミュニケーションについての実践力も身に付けていきます。さらに、家族、社会、文化という視点も含めて、心の健康教育や危機支援についても触れていきます。受講生の皆さんが、自らを振り返りつつ、他者を思いやり、豊かな社会生活を送るための指針となるきっかけとなったら嬉しいです。お互い助け合い、学び合いの心を培っていきましょう。

心理学特別講義A~安全・安心社会をめざす心理学~

試しにインターネットで省庁や市町村のホームページを閲覧すると「国民の食の安全・安心」や「地域住民が安心して住める街作り」などのフレーズをすぐに見つけることができます。企業のコマーシャルにも「安心感のある家」、「〇〇航空会社の安全の取り組み」などが目に留まります。さらに国家間の「安全保障条約」、社会を支える「労働安全衛生法」など、種々の「安全」によって私たちの暮らしが守られ、そして「安心」がもたらされています。
私たちが生きてゆく上でまず必要なことは、物理的、生理的な諸条件が揃うことでしょう。さらにここでいう「安全」が確保されることです。しかしながら、人には心がありますから、安全を確認した上での「安心」、「心の安らぎ」を求めないわけにはいきません。
言うまでもないことですが、心理学の中心的な興味は、「安全」よりも「安心」です。安全という外界の現実をどのように安心と認知するのか、を考えます。
どんなに安全であると言っても、安心しない人がいます。言えば言うほど不安になる人もいます。また、完全な安心は実現できるのか、また、その安心は本当に人にとって良い状態と言えるのか。さらに安心と引き換えて実は大きな危険を抱え込むことがないのか。「安心・安全」を求める現代にあって、いっしょに考えてゆきたいと思います。

心理学実験

毎週、基礎的な現象に関して実験を行い、得られた結果(データ)からどのように結論を導き出すのか、そのプロセスを学習します。そして、それをいかにして論文の形にまとめるのか、を学び、その実験種目の「問題」「目的」「方法」「結果」「考察」をレポートにまとめて提出します。

PICK UP SEMINARS ゼミナール紹介