メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学教育人間科学部心理学科の教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

心理学科の理念・教育方針は、「心の専門家の養成機関として、心理学を抽象的な学問としてではなく、世の中に役立つ具体的な知恵や実践的技術を修得することに重点を置く、まったく新しい学びの場を提供すること」である。また、心理学科では「心」に関する豊かで多様な視点に基づく問題解決志向型の人間の養成を目指している。具体的には、感覚・知覚の基礎的領域から、社会・臨床の応用領域にいたる最新の研究成果をふまえて、心理に関わる諸現象を「科学的」「人間学的」「総合的」に研究することを通して、上記目的の実現を目指す。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

心理学科は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 高等学校を卒業するのに必要な単位を修得済みか、修得する見込みである者。
  2. 人の心や社会問題に関する学問や実践に強い関心を持ち、専門的に探究し続ける志を有している者。
  3. 多様化する現代社会に役立つ具体的な知恵と実践力を身につける意欲を有している者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

心理学科の教育課程は、青山スタンダード科目と専門教育科目で構成される。

カリキュラム体系

1年次:青山スタンダード科目を中心に、英語をはじめ第二外国語の能力を高める「言葉の技能」を向上させること、そして、数量的処理を的確に効率的に進めるための「情報の技能」を十分に獲得することを支援している。学科科目としては、「心理学概論」、「心理学基礎演習Ⅰ」、「心理学基礎演習Ⅱ」、「教育心理学」、「発達心理学」、「学習心理学」などが配置され、心理学の基礎的な理論、分野、研究法、成果等を学ぶ。また、パソコンを使って実験を行うためにプログラムを書く、画像や音声を編集する、データを統計処理・分析する等のスキルの修得を目指している。
2年次:「心理統計学基礎」と「心理学実験」、「基礎心理学」の学科必修科目を開講し、より専門性の高い「情報の技能」の向上と論理の組み立ての体得、ならびにさまざまな心理学の研究方法に関する知識の拡大を図る。さらに、「心理学実験プログラミング」や「臨床心理学」、「知覚心理学」、「社会心理学」、「障害児・者の施設実習」などの学科選択科目が配置され、心理学研究のための本格的トレーニングが開始され、3・4年次に配置される卒業研究での論文作成に向けての準備を行う。
3年次:2年間で修得した心理学の方法論と専門知識を生かして、卒業研究Ⅰで専任教員が開講するゼミに全員が所属し論文作成に取り組む。その中で、問題を明らかにするための研究計画の立案やデータ収集法、自ら問題を発見し論を展開する能力を養う。さらに「心理学研究法」、「心理検査演習A・B・C・D」や「音楽心理学」、「犯罪心理学」、「精神医学」などの多様な学科科目が講義形式や演習形式で配置され、2年次までに学習した基礎の上に、専門科目の学習が蓄積・展開される。
4年次:卒業研究Ⅰの単位を修得した者のうち、心理学の輪郭の鮮明化とさらなる内容の充実を希望する学生は卒業研究Ⅱに取り組むことができる。これは4年間の総仕上げとなる卒業論文作成であり、提出後には学会形式で口頭発表を行うことも課しているので、プレゼンテーション能力の獲得が可能となる。その他にも、「医療心理実地演習」やさまざまな講義科目、演習科目が用意され、体系的な学習と実践的な研究が深められる。

特色

上記のカリキュラム体系により、4年間を通じて段階的に学びが深められるようなカリキュラム編成になっている。「心理学基礎」をベースにして、「認知心理学」、「発達心理学」、「社会心理学」、「臨床心理学」の4つの専門領域を設け、広く、深く、心理学を学び、さらには、「哲学・認識論」関連科目により、思考力を鍛えられるように科目配置がなされている。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

心理学科は、以下の要件を満たす学生に対し、「学士(心理学)」を授与する。

  1. 心理学に関する文献を理解するために必要な心理学の歴史、主な研究領域、学説、統計手法に対する基礎知識と英文読解力を有していること。
  2. 心理学の基礎・応用に関連する研究あるいは実践活動を遂行するために必要な、実験・調査・面接・テストを実施する技術と、研究や調査を計画・立案する能力を身につけていること。
  3. 社会、企業、組織、地域、家庭におけるさまざまな問題解決に、心理学の知識と方法論を応用する能力を身につけていること。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院