メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学院教育人間科学研究科心理学専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

心理学専攻では、博士前期課程においては、心理学に関する専門家としての基礎的学識と研究能力を養成するとともに、倫理観の熟成を伴った専門的かつ実践的な知識・技能の獲得を支援し、社会への多様な貢献を図ることを目的として研究指導を行う。博士後期課程においては、心理学に関する一層高度の専門的な学術研究をし、研究の成果を国内外に発表するとともに学位論文を仕上げ、実践的素養をあわせ持つ優れた研究者として、国内外の大学、研究機関等で活躍できる人材を育成することを目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

心理学専攻は、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 心理学に関する専門家として社会へ貢献するという目的を持ち、本専攻の教育課程および教育・研究の指導体制に従って学術の研究を進め、それぞれの修学目的を達成する見込みのある者。
  2. 本専攻が目的とする、心理学に関する専門性と熟成した倫理観を備えた研究者、実践家、教育者の人材養成を実現する見込みのある者。
  3. 心理学研究に不可欠な、専門的基礎知識、語学力、データ解析力、研究倫理、思考力を身につけている者。
  4. 他者と協同して教育・研究・実践にあたれる者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系

学部教育の基盤の上に、専門の学術を研究し、精深な学識と研究能力を養い、社会・文化の進展に寄与する人物を養成するための教育課程を編成する。養成する人材に適したカリキュラムを提供するため、実験心理学系の研究者を養成する「心理学コース」と臨床心理士を養成する「臨床心理学コース」の2コースを設ける。
心理学コースでは研究者としての学識、研究能力、技能、態度の涵養を図ることを目的として科目設計を行う。臨床心理学コースは「臨床心理士」を養成するためのカリキュラムであり、臨床心理士資格認定試験受験資格を得るために必要な科目群を構成し、これにより、研究者及び臨床家としての学識、研究能力、技能、態度の涵養を図る。
科目設計においては、講義科目と演習科目を設ける。演習科目においては、研究雑誌等の原著論文をテキストにして、研究方法・意義を考察し、研究者としての学識と研究能力を養成する。心理学は実証的な経験科学であるので、単に教室内での講義、演習だけではなく、多くの実験、実習も取り入れる。臨床心理学関連の授業でも臨床実習を重視し、臨床動作法やグループアプローチの体験的学習の機会を提供する。また、大学院本研究科に附置される心理相談室やプレイルームにおいて外部からの相談者に対してカウンセリングおよび心理検査の実習を行う。更に、授業科目のほかに、外部のクリニックや施設に実習・研修を受けるために通うことも許可する。一方、心理測定や人間情報科学関連の科目では、コンピューターネットワーク上で講師と学生間で双方向的な授業を展開する。

特色

心理学の専門分野全般にわたって実証的及び臨床的な教育・研究を進めるとともに、臨床心理士や一般心理職を含めた幅広い職業人の養成を図り、社会貢献を果たすことを意図している。加えて、本専攻の教育目標に挙げている倫理観の涵養を図っている。
研究指導にあたっては、両コースともに、心理学分野における研究能力、あるいはその学識に加えて高度の専門性を求められる職業を担うための卓越した能力の修得を目的とし、指導教員により2年間にわたり修士論文の作成指導がなされる。また専攻科の教員・学生が全員参加する「研究中間報告会」における発表を課している。

博士後期課程

カリキュラム体系

前期課程における教育及び研究の基礎の上に、心理学に関する一層高度の専門的学術を研究し、精深な学識と高度の研究能力と優れた人格をもった指導的研究者、実践家を養成すべく教育課程が編成されている。ここでは研究者養成が主要な目的の一つであるので、学位取得のための研究が中心となる。

特色

研究指導のみを必修として、必要に応じてその他の授業科目を履修し、博士学位申請論文の提出を目標として、研究指導担当教授から指導を受けつつ研究に専念できるようにする。また専攻科の教員・学生が全員参加する「研究中間報告会」における発表を課している。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

心理学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(心理学)」を授与する。

  1. 現代の人間が直面している諸問題に多面的に取り組み、社会的な要請に積極的に応えながら主体的に考え表現し行動できる自己教育力があること。
  2. 心理学に関する専門家としての基礎的学識と研究能力を獲得したこと。
  3. 倫理観の熟成を伴った理論的かつ実践的な知識・技能を獲得したこと。

博士後期課程

心理学専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「博士(心理学)」を授与する。

  1. 現代の人間が直面している諸問題に多面的に取り組み、社会的な要請に積極的に応えながら主体的に考え表現し行動できる自己教育力があること。
  2. 心理学に関する専門家としての精深な学識と高度の研究能力を獲得したこと。
  3. 倫理観の熟成を伴った理論的かつ実践的な知識・技能を獲得したこと。
  4. 旺盛かつ独創的な研究活動を遂行し、研究の成果を国の内外に発表し、独立した優れた研究者として認められること。


学部・大学院