TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

フランス文学科

フランス文学科

実践型授業で、フランス語をしっかりマスター! フランス文化の真髄に迫り、豊かな感性を磨こう。

フランスが生み出す哲学や思想をはじめとする文化は、中世以来、ヨーロッパ文明の中心を成し、とくにその文学は、優雅と機知、真摯な追求と寛容な理解とがみごとに調和する人間探究の文学として、ヨーロッパ文学をつねにリードし続け、日本の近代文学にも大きな影響を及ぼしました。

また、フランス発のカルチャーは、私たちの日常生活のなかにも、ファッション、料理、インテリアなど至る所に見受けられます。よって、その根底にある発想や芸術表現を学問的に深く探求することは、自分自身を、また日本文化を相対化してとらえ直したり、異なる視野を得て、より柔軟な思考力と感性を身につけるための確かな糧となることでしょう。

さらに、フランスの文化と文学を担うフランス語は、美しくもまた理性的な、すぐれて人間的な言語として知られ、長い間、ヨーロッパ世界の共通語でした。世界第一の国際語の地位は英語に譲りましたが、今日でも英語に次ぐ国際語としての地位を保っています。

フランス文学科は、1962年の創設以来、文学を中心に広くフランス文化全般に触れることによって、先入観にとらわれない柔軟で人間性あふれる思考力と感性を磨く場たろうと念願してきました。価値観の多様化が進む現代において、均衡のとれた的確な判断力と行動カをそなえた人間を形成するうえで、この理念はますます価値を高めています。

フランス文学科では、フランス語を初めて学ぶ人も既習者にも配慮した学習環境を整え、1・2年次に、文法、講読、作文、文法演習、発音練習、会話などを有機的に組み合わせたカリキュラムによって、少人数のクラス編成でのフランス語教育を行い、日本人とフランス人の教育スタッフが適材適所で担当します。これによって、基礎語学力を総合的に身につけることが可能になります。これと並行して、フランス文学や映像文化まで含めたフランス文化、さらにフランスの社会や歴史についての基礎的知識を身につけるための科目が用意されています。

2年次から3・4年次においては、これらの基礎の上に立ってさらに知識を深めるために、日仏教員による語学、文学、言語学、文化と社会についての数多くの演習と特講が設置されており、文学、語学、文化の3分野を自由に選択して研究することができます。フランス留学、フランス語教員への道も開かれています。
本学科では、フランス語の文章を読む能力はもちろんのこと、実際のコミュニケーションに必要な、聞き、話し、書く能力の発達を重視すると共に、国際化の進む日本の社会において、ひいては国際社会の中で存分に能力を発揮して活躍できる人材の育成を目ざしています。