メインコンテンツへ

知能情報コース

人間・知能、社会・ネットワーク、設計・システムの3種類の切り口から知能・情報を総合的に教育します。

知能情報コースは、情報という側面から「人」の知能・感性などを解明していくことと同時に人にやさしい技術を身に付けること、さらに、社会および社会システムにおける情報のもつ機能・役割について十分理解し、情報技術の社会貢献について深い洞察力を持って取り組むことのできる学生を育成することを教育目的とします。

研究分野は自動プログラミング、自然語意味理解、テキストマイニング、ヒューマノイド、福祉ロボット、人工生命、光通信インターネット、モデルによる教育システム(Model Based Learning System)、応用設計システム、大規模・複雑な情報からの知識発見、データマイニング、ヒューマン・インタフェース、生体情報学、神経生理学などです。

知能情報コース 基本情報

指導教員

教員紹介

理工学研究科サイト

理工学研究科サイトのイメージ

理工学研究科サイトでは、理工学研究科の「過去の入試問題」などを掲載しております。

教育研究上の目的と3つのポリシー

教育研究上の目的と3つのポリシー

知能情報コースの教育の目的と、アドミッションポリシーなど3つのポリシーをご紹介いたします。

カリキュラム

カリキュラム

知能情報コースのカリキュラムをご紹介いたします。

履修モデル・主要科目の特長

履修モデル・主要科目の特長

理工学研究科理工学専攻知能情報コースの履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

修了要件等

修了要件等

成績評価や進級条件、修了に必要な単位数や取得学位など、知能情報コースの修了要件や履修についてご紹介いたします。

研究について

研究について

知能情報コースの研究分野や方針・特色をご紹介いたします。



学部・大学院