TOP

THE PAGE YOU ARE VIEWING

奨学金制度・経済援助(在学生向け)

奨学金制度・経済援助(在学生向け)

青山学院大学では、経済支援を目的とした奨学金をはじめ、学業奨励・課外活動等支援を目的とした奨学金など、様々な奨学金制度を設けています。

奨学金制度について

奨学金は大きく次の二つの種類に分けることができます。

  • 1. 経済支援目的の奨学金

    経済的理由により修学が困難な学生を支援するための奨学金です。

  • 2. 学業奨励・課外活動等支援目的の奨学金

    学業優秀者や自己研鑽し学内外での有意義な諸活動を行う学生を支援するための奨学金です。
    さらにこの中には、〔貸与奨学金:在学中に借りて卒業後に返還する奨学金〕と〔給付奨学金:返還が不要な奨学金〕があります。

    いずれの奨学金も出願資格や選考基準が規定されており、採用人員にも限りがありますので、自分の生活状況や目的をきちんと把握し、よく考えて判断することが大切です。

奨学金制度

奨学金制度一覧
経済支援
経済的に安定した学生生活を送るために
学業奨励・課外活動等支援
さらに一歩、学業や課外活動を進め、社会とのつながりを深める学生のために
貸与奨学金 日本学生支援機構奨学金<第一種・第二種>
青山学院万代奨学金
地方公共団体の奨学金・民間育英団体の奨学金
給付奨学金 青山学院大学経済支援給付奨学金
青山学院大学経済援助給付奨学金
青山学院スカラーシップ(冠奨学金)
大学課外活動等奨励賞
青山学院大学学業成績優秀者表彰
民間育英団体の奨学金・私費外国人留学生の奨学金
各奨学金制度詳細
日本学生支援機構

2017.12.31現在

貸与給付 金額 採用人数
日本学生支援機構奨学金 第一種 貸与 (無利子) ■学部

※平成30年度以降入学者
(月額)
自宅:2・3・4・5.4万円より選択
自宅外:2・3・4・5・6.4万円より選択

※平成29年度以前の入学者については選択出来る月額が異なります。本表下部をご参照ください。

394名
■大学院 修士・博士前期課程/専門職大学院課程
(月額)50,000円もしくは88,000円
■大学院 博士・後期課程
(月額)80,000円もしくは122,000円
日本学生支援機構奨学金 第二種 貸与 (有利子) ■学部
(月額)2〜12万円(1万円単位)より選択
619名
■大学院
(月額)5・8・10・13・15万円より選択
日本学生支援機構奨学金 (給付) 給付 ■学部
(月額)
自宅 30,000円
自宅外 40,000円
21名
※日本学生支援機構<第一種> 平成29年度以前入学者 貸与月額について (月額)30,000円 もしくは 自宅通学者 54,000円 自宅外通学者 64,000円
NOTE
  • 国の育英奨学制度で、経済的理由により修学が困難な者に学資を貸与することによって、教育の機会均等を図ることを目的とします。無利子で貸与される「第一種」と、有利子で貸与される「第二種」があります。
青山学院万代奨学金

2017.12.31現在

貸与給付 金額 採用人数
青山学院万代奨学金 貸与(無利子) ■学部
(月額)61,000円
13名
■大学院 博士前期・後期課程
(月額)85,000円
■大学院 専門職学位課程(除法務研究科)
(月額)85,000円
■大学院 専門職学位課程(法務研究科)
(月額)100,000円
NOTE
  • 校友である万代順四郎氏の提唱により設立された奨学金で、経済的理由により修学が困難な者に無利子で貸与されるものです。
青山学院大学 経済支援給付奨学金
貸与給付金額採用人数
青山学院大学 経済支援給付奨学金給付年間学費 相当額限度105名
NOTE
  • 成業が見込める者で、経済的理由により学費支弁が困難な学生に、奨学金を給付するものです。
    また、緊急不測の事態により学資の支弁が困難になった学生に対し、経済的な支援を行うものです。
青山学院大学 経済援助給付奨学金
貸与給付金額採用人数
青山学院大学 経済援助給付奨学金給付(年額) 500,000円9名
NOTE
  • 4年次に在籍し、緊急不測の事態等により学費等の支弁が困難になった学生に対し、経済的な支援を行うものです。
青山学院大学 学業成績優秀者表彰
副賞金額受賞人数
青山学院大学 学業成績優秀者表彰給付(年額) 50,000円~200,000円<学部> 最優秀賞 優秀賞 奨励賞 38名 68名 102名 <大学院> 最優秀賞 40名
NOTE
  • 2年次以上に在籍し、前年度において卓越した学業成績をあげた学生を大学で選考し、副賞として学資金を給付するものです。
問い合わせ・申し込み受付窓口

奨学生の声

奨学金の使い道や奨学金を受給した結果、学生生活がどのようにかわったのか、奨学生から寄せられた様々な声を「奨学金を受給した学生に対するアンケート」の結果からご紹介します。
※以下のリンク(PDF)は、青山学院ウェブサイト内にリンクしています。

学生金庫について

財布を紛失したり、緊急・不測の事態が生じて急に現金が必要な時に貸与する制度で、1ヶ月以内の返済を条件に、9,000円まで無利子で貸与します。申し込みには、学生証と印鑑が必要です。貸与は、授業期間中に限ります。学生生活部学費・奨学金課(青山キャンパス)・相模原事務部学生生活課(相模原キャンパス)に相談してください。