TOP

奨学金制度・経済援助(在学生向け)

青山学院大学の奨学金制度の目的

青山学院大学は有意義な学生生活を送ることができる環境を整えるため、さまざまな奨学金制度を設けています。奨学金は大きく次の二つの種類に分けることができます。 いずれの奨学金も出願資格や選考基準が規定されており、採用人数にも限りがあります。自分の生活状況や目的をきちんと把握し、よく考えて判断することが大切です。青山学院大学は、未来に向けて意欲的な学生をサポートします。

  1. 経済支援を目的とした奨学金

    経済的理由により修学が困難な学生を支援するための奨学金です。

  2. 活動支援を目的とした奨学金

    学業優秀者や、自己研鑽し学内外での有意義な諸活動を行う学生を支援するための奨学金です。

貸与奨学金と給付奨学金

  1. 貸与奨学金

    在学中に借りた奨学金を、卒業後に返還するものです。無利子のものと有利子のものがあります。教育ローンなどと比較し、利率が低く返還条件も有利な制度となっています。ただし、返還を怠った場合には個人信用情報機関に個人情報が登録されることもあり、利用にあたっては貸与額などよくご家族と相談してから申請してください。

  2. 給付奨学金

    貸与奨学金と違い、返還の必要がない奨学金です。そのため出願数が多く、貸与奨学金と比べて採用者数は少なくなっています。出願基準を満たしていても採用されない場合も多くありますので、安定した学生生活を送るために、貸与奨学金と併せて申請することをお勧めします。給付奨学金に採用されたのちに、貸与奨学金を辞退したり、貸与額を減らしたりすることも可能です。

奨学金制度一覧(給付型奨学金)

☆印の奨学金は大学での選考により採用が決まる奨学金です。 ☆印のない奨学金は、奨学金ごとに選考があります。

経済支援:学内
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
入学前予約型給付奨学金
「地の塩、世の光奨学金」
入学前 本学へ入学を希望する首都圏(東京都(島しょ部を除く)・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外の出身者で学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由で進学が困難な学生に対して給付する予約型の奨学金です。 500,000円(年額)
原則4年間支給
青山学院大学
経済支援給付奨学金        ☆
入学後 成業が見込める者で、経済的理由により学費支弁が困難な者に、奨学金を給付するものです。 年間授業料相当額限度
青山学院大学
経済支援給付奨学金(緊急対応)  ☆
入学後 本学に在籍する学生で、緊急不測の事態等により学費およびその他の納入金支弁が困難となった場合に給付するものです。 年間授業料相当額限度
青山学院大学
経済援助給付奨学金        ☆
入学後 本学の4年次学生のうち、経済的理由により学費等の支弁が困難となった者に、奨学金を給付するものです。 500,000円(年額)
青山学院
万代基金給付奨学金        ☆
入学後 経済困窮により、修学が困難となった学生に給付する奨学金です。 年間授業料相当額限度
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
入学前予約型給付奨学金
「地の塩、世の光奨学金」
入学前 本学へ入学を希望する首都圏(東京都(島しょ部を除く)・神奈川県・埼玉県・千葉県)以外の出身者で学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由で進学が困難な学生に対して給付する予約型の奨学金です。 500,000円(年額)
原則4年間支給
青山学院大学
経済支援給付奨学金        ☆
入学後 成業が見込める者で、経済的理由により学費支弁が困難な者に、奨学金を給付するものです。 年間授業料相当額限度
青山学院大学
経済支援給付奨学金(緊急対応)  ☆
入学後 本学に在籍する学生で、緊急不測の事態等により学費およびその他の納入金支弁が困難となった場合に給付するものです。 年間授業料相当額限度
青山学院大学
経済援助給付奨学金        ☆
入学後 本学の4年次学生のうち、経済的理由により学費等の支弁が困難となった者に、奨学金を給付するものです。 500,000円(年額)
青山学院
万代基金給付奨学金        ☆
入学後 経済困窮により、修学が困難となった学生に給付する奨学金です。 年間授業料相当額限度
経済支援:学外
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
日本学生支援機構
給付奨学金
入学前後 国の「高等教育における修学支援新制度」のひとつとして、意欲と能力のある若者が経済的理由により進学及び修学の継続を断念することのないよう設立された奨学金です。併せて、授業料の減免を受けることができます。 (月額)
自宅 第一区分38,300円
第二区分25,600円
第三区分12,800円
自宅外第一区分75,800円
第二区分50,600円
第三区分25,300円
地方公共団体
民間育英団体による奨学金
入学前後 財団法人・公益法人・民間企業・都道府県や市区町村自治体など、多くの奨学団体が奨学生を募集しています。各団体により給付条件が異なります。 各団体による
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
日本学生支援機構
給付奨学金
入学前後 国の「高等教育における修学支援新制度」のひとつとして、意欲と能力のある若者が経済的理由により進学及び修学の継続を断念することのないよう設立された奨学金です。併せて、授業料の減免を受けることができます。 (月額)
自宅 第一区分38,300円
第二区分25,600円
第三区分12,800円
自宅外第一区分75,800円
第二区分50,600円
第三区分25,300円
地方公共団体
民間育英団体による奨学金
入学前後 財団法人・公益法人・民間企業・都道府県や市区町村自治体など、多くの奨学団体が奨学生を募集しています。各団体により給付条件が異なります。 各団体による
活動支援:学外
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
日本学生支援機構奨学金
〈留学生受入れ促進プログラム〉       ☆
入学後 優秀な外国人留学生の戦略的な受入れを促進し、高等教育機関の国際化を資することを目的に、私費外国人留学生で、学業、人物ともに優れ、かつ、経済的理由により修学が困難である者に対して給付するものです。
詳細は国際センターへお問い合わせください。
月額48,000円
日本学生支援機構奨学金
〈海外留学支援制度・協定派遣〉       ☆
入学後 協定校留学者を対象に、留学に係る渡航に必要な経費の一部を奨学金として支援することにより、グローバル社会において活躍できる人材を育成するとともに、我が国の高等教育機関の国際化・国際競争力強化に資することを目的とするものです。詳細は国際センターにお問い合わせください。※年度によって本学への割当が無い場合があります。 (月額)
60,000円~100,000円を留学月数分
※金額は留学地域による
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
日本学生支援機構奨学金
〈留学生受入れ促進プログラム〉       ☆
入学後 優秀な外国人留学生の戦略的な受入れを促進し、高等教育機関の国際化を資することを目的に、私費外国人留学生で、学業、人物ともに優れ、かつ、経済的理由により修学が困難である者に対して給付するものです。
詳細は国際センターへお問い合わせください。
月額48,000円
日本学生支援機構奨学金
〈海外留学支援制度・協定派遣〉       ☆
入学後 協定校留学者を対象に、留学に係る渡航に必要な経費の一部を奨学金として支援することにより、グローバル社会において活躍できる人材を育成するとともに、我が国の高等教育機関の国際化・国際競争力強化に資することを目的とするものです。詳細は国際センターにお問い合わせください。※年度によって本学への割当が無い場合があります。 (月額)
60,000円~100,000円を留学月数分
※金額は留学地域による
活動支援:学内
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
青山学院大学産学合同
万代外国留学奨励奨学金      ☆
入学後 海外留学を志す者に、本学と太平エンジニアリングが合同で学資金としての奨学金を給付するものです。
詳細は国際センターにお問い合わせください。
250,000円~2,000,000円(年額)
1)協定校留学奨励奨学金 500,000円
2)認定校留学奨励奨学金 500,000円~1,000,000円
3)世界トップレベル大学留学奨励奨学金(協定校)
1)に追加して500,000円
4)世界トップレベル大学留学奨励奨学金(認定校)
2)に追加して1,000,000円
※1)~4)につき半期留学の場合は、半額給付
青山学院国際交流奨学金      ☆ 入学後 海外留学を奨励し、国際化時代に対応する有能な人材を育成することを目的とした奨学金です。
詳細は国際センターにお問い合わせください。
200,000円(年額)
青山学院大学産学合同
外国人留学生グローバル奨学金   ☆
入学後 社会及び文化の発展向上に寄与する国際的人材の育成を目的として、学業成績優秀者へ奨学金を給付するものです。詳細は国際センターにお問い合わせください。 300,000円(年額)
学部2年次以上できわめて優秀
と認められる者は500,000円(年額)
※年度の予算を超過する場合にはひとりあたりの給付額を一律に減額して調整
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
青山学院大学産学合同
万代外国留学奨励奨学金      ☆
入学後 海外留学を志す者に、本学と太平エンジニアリングが合同で学資金としての奨学金を給付するものです。
詳細は国際センターにお問い合わせください。
250,000円~2,000,000円(年額)
1)協定校留学奨励奨学金 500,000円
2)認定校留学奨励奨学金 500,000円~1,000,000円
3)世界トップレベル大学留学奨励奨学金(協定校)
1)に追加して500,000円
4)世界トップレベル大学留学奨励奨学金(認定校)
2)に追加して1,000,000円
※1)~4)につき半期留学の場合は、半額給付
青山学院国際交流奨学金      ☆ 入学後 海外留学を奨励し、国際化時代に対応する有能な人材を育成することを目的とした奨学金です。
詳細は国際センターにお問い合わせください。
200,000円(年額)
青山学院大学産学合同
外国人留学生グローバル奨学金   ☆
入学後 社会及び文化の発展向上に寄与する国際的人材の育成を目的として、学業成績優秀者へ奨学金を給付するものです。詳細は国際センターにお問い合わせください。 300,000円(年額)
学部2年次以上できわめて優秀
と認められる者は500,000円(年額)
※年度の予算を超過する場合にはひとりあたりの給付額を一律に減額して調整

奨学金一覧(貸与型奨学金)

希望する奨学金に申請し、基準を満たせば選考後に採用となります。

名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
日本学生支援機構
第一種奨学金(無利子)
入学前後 国の育英奨学制度で、経済的理由により修学が困難な者に学資を貸与することによって、教育の機会均等を図ることを目的とします。無利子で貸与される「第一種」と有利子で貸与される「第二種」があります。また、緊急不測の事態等により学費の支弁が困難となった場合にも申請できる緊急(第一種)・応急(第二種)採用の制度もあります。
留学を希望する学生には、貸与奨学金の第二種短期留学奨学金もあります。
(月額)
自宅  2・3・4・5.4万より選択
自宅外 2・3・4・5・6.4万より選択
日本学生支援機構
第二種奨学金(有利子)
入学前後 (月額)
2~12万(1万円単位)より選択
地方公共団体
民間育英団体による奨学金
入学前後 財団法人・公益法人・民間企業・都道府県や市区町村自治体など、多くの奨学団体が奨学生を募集しています。各団体により貸与条件が異なります。 各団体による
名称 申請時期 奨学金制度の概要 金額
日本学生支援機構
第一種奨学金(無利子)
入学前後 国の育英奨学制度で、経済的理由により修学が困難な者に学資を貸与することによって、教育の機会均等を図ることを目的とします。無利子で貸与される「第一種」と有利子で貸与される「第二種」があります。また、緊急不測の事態等により学費の支弁が困難となった場合にも申請できる緊急(第一種)・応急(第二種)採用の制度もあります。
留学を希望する学生には、貸与奨学金の第二種短期留学奨学金もあります。
(月額)
自宅  2・3・4・5.4万より選択
自宅外 2・3・4・5・6.4万より選択
日本学生支援機構
第二種奨学金(有利子)
入学前後 (月額)
2~12万(1万円単位)より選択
地方公共団体
民間育英団体による奨学金
入学前後 財団法人・公益法人・民間企業・都道府県や市区町村自治体など、多くの奨学団体が奨学生を募集しています。各団体により貸与条件が異なります。 各団体による

青山学院大学学業成績優秀者表彰制度

2年次以上の学生で前年における学業成績が優秀と認められる者を表彰し、副賞として学資金を給付するものです。
副賞金 50,000円~200,000円
2021年度受賞
最優秀賞43名 優秀賞80名 奨励賞120名

学業成績優秀者表彰

その他の奨学金

財団法人・公益法人・民間企業・都道府県や市区町村自治体など、多くの奨学団体が奨学生を募集しています。募集対象となる学部・研究科・学年・申請資格は、奨学団体によって異なりますが、採用が決定するとほとんどの団体が卒業までの期間、継続して支援してくださいます。

Ⅰ.地方公共団体の奨学金
都道府県・市区町村が行う奨学金で、主に貸与(無利子)の奨学金です。大学を通じて募集する以外に、都道府県・市区町村で直接募集するものも多いので、出身高校の所在地や保護者が居住している地域の教育委員会等にお問い合わせください。

Ⅱ.民間育英団体の奨学金
財団法人・公益法人・民間企業などが行う奨学金です。例年、本学に対しても多数の団体から推薦依頼をいただいております。民間団体の奨学金のほとんどが給付型奨学金です。日本人学生だけではなく、私費外国人留学生を対象とした奨学金も多数あります。

各奨学金制度詳細

各奨学金制度詳細,、奨学金採用のスケジュール、よくある質問について、奨学生の声等、
奨学金制度全般についての入門編ガイドブックです。

2022年度 奨学金ガイド

学生金庫について

財布を紛失したり、緊急・不測の事態が生じて急に現金が必要な時に貸与する制度で、1ヶ月以内の返済を条件に、9,000円まで無利子で貸与します。申し込みには、学生証と印鑑が必要です。貸与は、授業期間中に限ります。学生生活部学費・奨学金課(青山キャンパス)・相模原事務部学生生活課(相模原キャンパス)に相談してください。

問い合わせ・申し込み受付窓口