メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院総合文化政策学研究科文化創造マネジメント専攻の教育研究上の目的と教育方針と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

文化創造マネジメント専攻では、文化や芸術の創造並びにその事業化、企業・団体における文化的視点からの政策立案及び再構築、あるいは文化産業のプロデュースやマネジメント等の分野で高度な専門性を発揮する人材の養成を目的とする。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

文化創造マネジメント専攻は、コンテンツについての広汎な学識知見と政策マネジメントについての専門技能とその応用を通じ、官庁、国際機関、企業等の文化的分野、文化創造産業の発展に寄与する意欲を持ち、そのために必要となる基礎的知識を有する入学者を求める。このため、以下のような能力と意欲を持つ入学者を求める。

  1. 人文、芸術あるいは政策科学、マネジメント等、関連学問領域についての基本知識に精通している者。
  2. 社会人としての経験を基盤に人文、芸術、政策科学、マネジメント等についての基本的かつ実践的な知識を有し、専門的研究能力を身につけることによって、自己の専門領域に活かす意思ある者。
  3. 文化創造マネジメント専攻で修得した実践的知識を、各分野における専門的な文化的リーダとして、人類の未来と国際社会に役立てる意欲がある者。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

修士課程

カリキュラム体系

文化とマネジメントを結合するために必要な思考方法と理論的枠組みを学ぶ基礎科目群と、文化とマネジメントを結合し、政策マネジメント、都市・国際文化、メディア・アートの各分野における高度な専門能力を養成するための中核的科目群の2層構造で構成されている。

特色

プロジェクト演習は、文化に係わるさまざまな問題の発見と解決、文化や芸術の創造のための構想、政策やプロジェクトの立案といった高度な実践的能力を養成することを目的とし、指導教員(主1名、副2名)の指導のもとでプロジェクト方式によって研究する演習科目である。修士論文、又は特定の課題についての成果を作成し、学位を認定されることによって課程を修了する。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

修士課程

文化創造マネジメント専攻は、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(文化創造マネジメント)」を授与する。

  1. 人文学、芸術学および政策マネジメントの分野において、広範な専門知識に精通し、実践に役立てる応用力を身につけている。
  2. 職業的専門人、専門分野におけるリーダーとしての能力と技能、職業人としての使命感と責任感を身につけている。


学部・大学院